農芸化学とは?

農芸化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/07 17:47 UTC 版)

農芸化学(のうげいかがく、英語: agricultural chemistry)は農学の一分野であり、化学を応用して生命・食・環境に関してはば広く研究する学問である。


  1. ^ 日本農芸化学会の調査によれば明治9年に駒場農学校の教師エドワード・キンチと結ばれた雇用契約書の「農芸化学教師」という部分が文書で確認できる最も古い記述である「農芸化学」という名前の由来は?”. 日本農芸化学会. 2014年11月8日閲覧。
  2. ^ 熊澤喜久雄「キンチ, ケルネル, ロイブと日本の農芸化学曙時代 前編 : リービヒ流化学のキンチ,ケルネルによる移植と定着」、『化学と生物』第51巻第8号、2013年8月1日、 566-573頁、 NAID 10031190495
  3. ^ 熊澤喜久雄「キンチ, ケルネル, ロイブと日本の農芸化学曙時代 後編 : ケルネル水田試験からロイブによる生物化学時代へ」、『化学と生物』第51巻第9号、2013年9月1日、 638-644頁、 NAID 10031195853
  4. ^ 農芸化学の100年(1987年2月15日発行)”. 日本農芸化学会. 2014年11月8日閲覧。NCID BN01185031
  5. ^ 例えば、1893年に発足した東京大学農学部農芸化学科は、1994年学科制から課程制への移行に伴って学科名が消滅し、同学科は応用生物化学専修・生物生産化学専修、生命化学専修・生命工学専修を経て、生命化学・工学専修に改組された。また、同大学大学院農学系研究科農芸化学専攻は、農学生命科学研究科応用生命化学専攻・応用生命工学専攻へと再編された[1]
  6. ^ 朝井勇宜、星親一、宮坂作平、泉田又藏「Aspergillus属のSubmerged CultureによるAmylase生産に関する研究(1)-Amylase生産に及ぼす培養条件の影響-」、『日本農芸化学会誌』第25巻第7号、1951年、 352-357頁、 NAID 130001216914


「農芸化学」の続きの解説一覧





農芸化学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

農芸化学に関連した本

農芸化学に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「農芸化学」の関連用語

農芸化学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




農芸化学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの農芸化学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS