肝芽腫とは?

肝芽腫

【仮名】かんがしゅ
原文hepatoblastoma

乳児および小児発生する肝腫瘍の一種

肝芽腫(かんがしゅ)

概念
肝芽腫 子どもの肝臓発生する悪性腫瘍(がん)のうち,最も頻度の高いものが「肝芽腫」と呼ばれる病気です.小児固形がんとしては,神経芽腫・ウイルムス腫瘍腎芽腫)に次いで多いとされています.肝芽腫に対しては,以前抗がん剤はあまり有効では無いと考えれていましたが,1990年代になり,実は抗がん剤良く効くことが分かって来ました.その結果手術不可能な大きな腫瘍でも抗がん剤助け手術が可能になり,治るお子さんも増えて来ています.

発生頻度
日本における肝芽腫の年間発生数は正確には分かりませんが,およそ3040程度考えられています.お子さん数万人から数10万人に1人割合病気発生することになります.

診断
年長児にも発生しますが,大部分幼稚園児以下の小さお子さん(あるいは赤ちゃん)に発生します.お腹固い「しこり」が触れたら,迷わず医療機関受診ましょう超音波検査 などの画像検査で「しこり」が確認され,血液検査AFP呼ばれる特殊な蛋白質が増えていれば診断は肝芽腫でほぼ間違いありません.

治療
抗がん剤手術組み合わせ治療の基本となります.手術だけで肝芽腫を治そうとする考え方は,あまり一般的では無くなって来ました.特に,発見された時点で,腫瘍大きすぎて手術出来なかったり,すでに肺などに転移している時は,抗がん剤なしでは治癒期待できません.したがって,全体として最低でも数ヶ月治療が必要になります.

治療の現状
全体の約3/4お子さんが元気に退院していきます.特に,腫瘍肝臓の半分以下の大きさにとどまってい場合治療成績良好です.また,診断から3年経過すると再発可能性大きく減少します.発見された時に腫瘍大きすぎて手術出来ない場合でも,約1/2のお子さんが元気に退院して行きます.しかし,転移のあるお子さんでは,治る割合は約1/3くらいになってしまい,入院期間も長期に及ぶことがあります


肝芽腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/12 13:26 UTC 版)

肝芽腫(かんがしゅ、: Hepatoblastoma)は乳児・小児に発生する稀な悪性肝新生物であり、組織型は胎児肝細胞、成熟肝細胞、胆管細胞に類似している。通常、腹部腫瘤として触知される。3歳以下の幼児[1]α-フェトプロテイン(AFP)上昇に拠り診断されることが多い。診断時にAFPが上昇していない場合は予後不良である[2]


  1. ^ [1]
  2. ^ De Ioris M, Brugieres L, Zimmermann A, Keeling J, Brock P, Maibach R, Pritchard J, Shafford L, Zsiros J, Czaudzerna P, Perilongo G (2007). “Hepatoblastoma with a low serum alpha-fetoprotein level at diagnosis: The SIOPEL group experience.”. Eur J Cancer 44 (4): 545–50. doi:10.1016/j.ejca.2007.11.022. PMID 18166449. 
  3. ^ Hirschman BA, Pollock BH, Tomlinson GE (August 2005). “The spectrum of APC mutations in children with hepatoblastoma from familial adenomatous polyposis kindreds”. J. Pediatr.英語版 147 (2): 263–6. doi:10.1016/j.jpeds.2005.04.019. PMID 16126064. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0022-3476(05)00326-4. 
  4. ^ Sanders RP, Furman WL (November 2006). “Familial adenomatous polyposis in two brothers with hepatoblastoma: implications for diagnosis and screening”. Pediatr Blood Cancer 47 (6): 851–4. doi:10.1002/pbc.20556. PMID 16106429. 
  5. ^ Anna CH, Sills RC, Foley JF, Stockton PS, Ton TV, Devereux TR (June 2000). “Beta-catenin mutations and protein accumulation in all hepatoblastomas examined from B6C3F1 mice treated with anthraquinone or oxazepam”. Cancer Res.英語版 60 (11): 2864–8. PMID 10850429. http://cancerres.aacrjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=10850429. 
  6. ^ a b Tan X, Apte U, Micsenyi A, et al. (July 2005). “Epidermal growth factor receptor: a novel target of the Wnt/beta-catenin pathway in liver”. Gastroenterology英語版 129 (1): 285–302. doi:10.1053/j.gastro.2005.04.013. PMC 1821080. PMID 16012954. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0016508505006967. 
  7. ^ Koch A, Waha A, Hartmann W, et al. (June 2005). “Elevated expression of Wnt antagonists is a common event in hepatoblastomas”. Clin. Cancer Res.英語版 11 (12): 4295–304. doi:10.1158/1078-0432.CCR-04-1162. PMID 15958610. http://clincancerres.aacrjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=15958610. 
  8. ^ Ruck P, Xiao JC (November 2002). “Stem-like cells in hepatoblastoma”. Med. Pediatr. Oncol. 39 (5): 504–7. doi:10.1002/mpo.10175. PMID 12228907. 
  9. ^ Tanimura M, Matsui I, Abe J, et al. (July 1998). “Increased risk of hepatoblastoma among immature children with a lower birth weight”. Cancer Res.英語版 58 (14): 3032–5. PMID 9679968. http://cancerres.aacrjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=9679968. 
  10. ^ Tim, P, et al.. Hepatoblastoma. http://hepatoblastoma.mditv.com/. 
  11. ^ Ang JP, Heath JA, Donath S, Khurana S, Auldist A (February 2007). “Treatment outcomes for hepatoblastoma: an institution's experience over two decades”. Pediatr. Surg. Int. 23 (2): 103–9. doi:10.1007/s00383-006-1834-1. PMID 17119981. 
  12. ^ Otte JB, Pritchard J, Aronson DC, et al. (January 2004). “Liver transplantation for hepatoblastoma: results from the International Society of Pediatric Oncology (SIOP) study SIOPEL-1 and review of the world experience”. Pediatr Blood Cancer 42 (1): 74–83. doi:10.1002/pbc.10376. PMID 14752798. 
  13. ^ http://emedicine.medscape.com/article/986802-overview
  14. ^ Otte JB, de Ville de Goyet J, Reding R (October 2005). “Liver transplantation for hepatoblastoma: indications and contraindications in the modern era”. Pediatr Transplant 9 (5): 557–65. doi:10.1111/j.1399-3046.2005.00354.x. PMID 16176410. 
  15. ^ Czauderna P, Mackinlay G, Perilongo G, et al. (June 2002). “Hepatocellular carcinoma in children: results of the first prospective study of the International Society of Pediatric Oncology group”. J. Clin. Oncol.英語版 20 (12): 2798–804. doi:10.1200/JCO.2002.06.102. PMID 12065556. http://www.jco.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=12065556. 


「肝芽腫」の続きの解説一覧





肝芽腫と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

肝芽腫に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「肝芽腫」の関連用語

肝芽腫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ニュー四国

アポロ7号

城跡

台紙付き仕切

スクエア包みの応用

ポタラ宮

方面及び車線

Thomas Jefferson





肝芽腫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本小児外科学会日本小児外科学会
Copyright© 1999-2016 Japanese Society of Pediatric Surgeons.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肝芽腫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS