確率過程の尺度変換とは?

Weblio 辞書 > 学問 > OR事典 > 確率過程の尺度変換の意味・解説 

確率過程の尺度変換

読み方かくりつかていのしゃくどへんかん
【英】:scaling for stochastic process

確率過程時間と状態を縮小拡大することをいう. 例えば,a(s)実数s \ge 0変数とする正の関数b(s,t)実数s,t \ge 0変数とする実数関数とするとき, 実数確率過程\{X(t); t \ge 0\}に対して

Y_{s}(t) = a(s)^{-1} (X(st) - b(s,t))

により定義された確率過程\{Y_{s}(t); t \ge 0\}\{X(t); t \ge 0\}a, bによるsパラメーターとする時間空間尺度変換である.

「OR事典」の他の用語
待ち行列:  無記憶性  無限窓口モデル  率保存則  確率過程の尺度変換  穴あきバケツモデル  窓口  窓口の数




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

確率過程の尺度変換のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




確率過程の尺度変換のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2014 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.

©2014 Weblio RSS