圧密とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > 圧密の意味・解説 

あつ みつ [0] 【圧密】

土や地盤圧力が加わって体積減少すること。

圧密

読み方あつみつ
【英】: compaction

未固結堆積たいせき}物が主に上位堆積物荷重により圧縮され、体積減少する現象およびその作用をいい、圧密の大きさは、圧密後の体積の元の体積対す百分率で示す。
荷重による体積減少原因は、(1) 堆積物弾性ひずみ、(2) 構成粒子の再配列、(3) 間隙かんげき水の脱水などである。(2) は砂層の、(3) は泥層の圧密の主な原因となっている。同じ荷重でも、岩質によって圧密量が異な現象差別的圧密(differential compaction)という。また、荷重増加しなくても、間隙水脱水が起これば、圧密現象起こすことがある(例:地盤沈下)。長期間荷重を受けた岩石は、荷重除去しても弾性ひずみ以外は一般に体積回復しないから、現在の岩石資料から過去の圧密、したがって埋没深度推定できる。粘土透水性小さいので粘土粒子自重や、上位堆積した地層あるいは構造物荷重が加わると荷重大部分間隙水負担され、その水圧が高くなり、徐々に間隙水上下四周孔隙地層中に排出され、長い時間をかけて圧縮される。間隙水の圧密に伴う排水作用が、なんらかの地質条件により阻害されたときは、間隙水圧静水圧勾(こう)配より高くなる。このような状態を異常高圧という。圧密は炭化水素一次移動大きな役割を果たしており、地層水中に溶解した炭化水素が圧密による脱水作用岩石中を移動するのには、最低 500m の埋没深度が必要であり、適切な深度は 1,200~2,600m といわれている。

圧密

読み方あつみつ
【英】:consolidation

長時間にわたる継続的圧縮応力によって土の体積がしだいに減少すること。

圧密

排水を伴う地盤体積圧縮のこと。 地盤中には多く隙間があり、この隙間空気満たされている。水はけが悪く地下水で満たされた地盤荷重作用すると、地下水地盤内から搾り出されながら体積圧縮進行するので、体積圧縮に非常に長い時間要する

圧密

読み方あつみつ
【英】 Compaction

土の圧密とは、粘性土地盤に荷重が加わることによって間隙水排水され、時間経過とともに土の体積減少していく現象
この現象はよくFig.1の様に、穴のあるピストン,バネ充填された例えられる。
Fig.1において初期(Fig.2のT=T0)は、加わった荷重はすべて水圧で保たれバネは沈まない。
最終的にT=T2の時、荷重バネとのつり合い沈下収束する。
この圧密現象不同沈下原因一つであり、軟弱地盤設計する際の重要な課題一つである。

圧密
Fig. 1

圧密
Fig. 2

圧密
Fig. 3


圧密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/07/16 05:58 UTC 版)

圧密(あつみつ、英語: consolidation)とは、粘土地盤の上に荷重がかかることによって間隙水がしぼり出され、時間の経過とともに土の体積が収縮(地盤沈下)していく現象をいう。




「圧密」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

圧密に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「圧密」の関連用語

圧密のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

寸法効果

浸透率

ソイルセメントコラム

犬走り

ジオカルテ

減耗控除

土質分類

対数正規分布





圧密のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2016 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2016 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
サムシングサムシング
Copyright (c) 2016 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
兼松日産農林株式会社兼松日産農林株式会社
Copyright ©2016 Kanematsu-NKK Corporation All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの圧密 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS