割礼とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > 割礼の意味・解説 

かつ れい [0] 【割礼】 〔circumcision〕

陰茎包皮または小陰切開したり,その一部除去したりする習俗古代より多く民族の間で行われてきた。ユダヤ教では,神との契約のしるしとして生後八日目男児に対して行う。

割礼

英訳・(英)同義/類義語:circumcision

外生殖器一部切除する民族風習

かつれい 【割礼】

Circumcision英)男性陰茎包皮、または女性小陰を、切開したり一部除去したりする習俗で、古代より多く民族間で行われ今日でもユダヤ教徒イスラム教徒アフリカ諸族などに見られる種族記号結婚準備成人のしるし、など種々の起源論がある。ユダヤ教では特に神との契約のしるしとし、生後八日目に行うが、現代では一七歳頃までと幅がある。語源は「周り切り取る」だった。初期東方キリスト教徒も行ったが、パウロが「心の割礼」を説いたので実行は廃された。

割礼

Circumcision 

【概要】 ペニス先の包皮部分環状に切りとり、亀頭むき出しにする一種宗教意味合い衛生的意味合いがある。 

【詳しく】 南アフリカ共和国行われ調査では、割礼を受けている弾性HIV感染率は、割礼を受けていない男性よりも60%低いことが示された。亀頭部分粘膜肥厚と関係があるのかもしれない。それにしても、どうしてこのような調査を行ったのか。

《参照》


割礼

作者ベルンハルト・シュリンク

収載図書逃げてゆく愛
出版社新潮社
刊行年月2001.9
シリーズ名新潮クレスト・ブックス

収載図書逃げてゆく愛
出版社新潮社
刊行年月2007.2
シリーズ名新潮文庫


割礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/11 00:00 UTC 版)

割礼(かつれい)とは、男子の性器の包皮の一部を切除する風習。本項では主に文化・宗教との関わりについて述べる。


  1. ^ 定義には諸説あるが、イスラエルの帰還法においては、ユダヤ人の母を持つかユダヤ教に改宗したものが「ユダヤ人」であると定義されている
  2. ^ 「スンナ」としての解釈は一定ではない
  3. ^ デイヴィッド・ライマーを参照
  4. ^ ユダヤ教とイスラム教が割礼保護で共闘、ドイツで異例の合同デモ”. ロイター. 2012年9月13日閲覧。
  5. ^ 「割礼」揺れるドイツ 宗教と法律(msn産経ニュース2013.1.14)[1]
  6. ^ WHO/UNAIDS New Data on Male Circumcision and HIV Prevention: Policy and Programme Implications”. unaids.org. 2011年1月6日閲覧。


「割礼」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

割礼に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「割礼」の関連用語

割礼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




割礼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2014 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2014, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの割礼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS