世界_(雑誌)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 世界_(雑誌)の意味・解説 

世界 (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/21 03:32 UTC 版)

世界』(せかい)は、岩波書店が発行している総合雑誌[1]である。1946年1月創刊[2]。「日本唯一のクオリティマガジン」を標榜している[3]


  1. ^ 竹内 2011, pp. 78-83.
  2. ^ 岩波書店の歩み - 岩波書店
  3. ^ 雑誌 - 岩波書店
  4. ^ a b c 佐藤都 『日本の総合雑誌3誌の数量・内容分析からみる日本人の中国に対する関心の変遷』〈北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院院生論集〉、2012年3月p100
  5. ^ 竹内 2011, pp. 87.
  6. ^ 進藤一馬「跋」(頭山満翁正伝編纂委員会編『頭山満翁正伝(未定稿)』葦書房、1981年)444頁。しかし空襲で岩波書店の工場が焼けたため出版に至らなかった。編纂委員会の責任者は緒方竹虎だった。
  7. ^ a b 竹内 2011, p. 82.
  8. ^ 期間は1947~86年
  9. ^ 竹内 2011, pp. 80-85.
  10. ^ 竹内 2011, p. 86-87.
  11. ^ 「創刊まで」『世界』1966年1月号
  12. ^ 竹内 2011, p. 90.
  13. ^ 竹内 2011, p. 88.
  14. ^ a b 竹内 2011, p. 89.
  15. ^ 塙作楽『岩波物語』ISBN 978-4788360662
  16. ^ 竹内 2011, p. 91.
  17. ^ 竹内 2011, p. 94.
  18. ^ a b 竹内 2011, p. 95.
  19. ^ a b 竹内 2011, p. 80.
  20. ^ a b 竹内 2011, p. 84.
  21. ^ a b 竹内 2011, p. 85.
  22. ^ 竹内 2011, p. 85-86.
  23. ^ 日本読書新聞』1946年8月21日号
  24. ^ a b 竹内 2011, p. 101.
  25. ^ 竹内 2011, p. 100.
  26. ^ 竹内 2011, p. 86.
  27. ^ 竹内 2011, p. 445.
  28. ^ 大本至『雑誌で読む戦後史』新潮社1985年
  29. ^ a b 竹内 2011, p. 438.
  30. ^ a b 竹内 2011, p. 439.
  31. ^ 選択』「岩波書店ついに『落日』」2001年11月号
  32. ^ a b c 竹内 2011, p. 114.
  33. ^ a b c 竹内 2011, p. 115.
  34. ^ 竹内 2011, p. 63.
  35. ^ a b 竹内 2011, p. 116.
  36. ^ a b c d 竹内 2011, p. 117.
  37. ^ 『世界』編集部「朝鮮問題に関する本誌の報道について」、『世界』第710号、岩波書店、2003年2月、 260-266頁、 ISSN 0582-4532
  38. ^ “池明観教授「日本月刊誌『世界』の韓国通信の筆者は私」” (日本語). 朝鮮日報 (Chosun Ilbo). (2003年7月25日). オリジナル2003年8月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20030804092318/http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/07/25/20030725000070.html 2013年3月16日閲覧。 
  39. ^ 和田春樹『同時代批評』所収「重村智計『最新北朝鮮データブック』(講談社現代新書)の記述に抗議する」彩流社、2005/03、ISBN 978-4882029588
  40. ^ a b c d e “日 진보학계 왜 남한에 비판적일까”. 世界日報. (2008年5月30日). オリジナル2016年3月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160310105820/http://www.segye.com/content/html/2008/05/30/20080530002056.html 
  41. ^ 「朝日新聞の仮面」『諸君!』1982年1・2月号
  42. ^ 諸君!』2008年10月号「誰でも殺人から自己中ペアレンツ、不正採用教師まで 日本の学校をモンスターだらけにしたのは誰だ! 」
  43. ^ 竹内 2011, p. 119.
  44. ^ a b 竹内 2011, p. 446.
  45. ^ a b c 竹内 2011, p. 447.
  46. ^ 「各紙『論壇時評』担当者座談会 情緒頼みの『右』ホンネ語らぬ『左』」『論座2005年4月号
  47. ^ a b c d e 重村智計 (2010年). “北朝鮮の拉致、テロ、核開発,有事の国際関係 (PDF)”. 早稲田大学社会安全政策研究所紀要(3). 2017年2月2日閲覧。、p191
  48. ^ a b c 兪碩在 (2008年6月1日). “「北の代弁人」に転落した日本の左派知識人” (日本語). 朝鮮日報 (Chosun Ilbo). オリジナル2008年11月14日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2008-1114-1152-46/www.chosunonline.com/article/20080601000018 2013年3月16日閲覧。 
  49. ^ 『世界』1977年4月号には、「われわれには、核武装をしようという考えはありません。われわれには、核兵器を生産する資金だけでなく、それを実験するのに適当な場所もありません。…韓半島(朝鮮半島)では、核を使った場合、全てがもろともに滅亡してしまうので、使用することはできません」という金日成のインタビューを掲載している。
  50. ^ 重村智計『激動!! 北朝鮮・韓国そして日本』実業之日本社、2013/5/16、ISBN 978-4408109947、p54
  51. ^ 重村智計『激動!! 北朝鮮・韓国そして日本』実業之日本社、2013/5/16、ISBN 978-4408109947、p55
  52. ^ 内田樹『街場のメディア論』光文社新書、p84-p85
  53. ^ 藤岡信勝『「自虐史観」の病理』文藝春秋、1997/08、ISBN 978-4163532202、p244
  54. ^ 2015年1月15日『読売新聞』「伝統忘れた日本に『怒』」
  55. ^ 竹内 2011, p. 128.
  1. ^ 一般社団法人日本雑誌協会の印刷部数公表による。部数算定期間は2008年10月~2008年12月。2016年7月~2016年9月では468,667部。
  2. ^ 一般社団法人日本雑誌協会の印刷部数公表による。部数算定期間は2008年10月~2008年12月。2016年7月~2016年9月では27,833部。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「世界_(雑誌)」の関連用語

世界_(雑誌)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ロック

ナイロンコーティングワイヤー

ファラデー

87式対戦車誘導弾

伊勢志摩国立公園

FLTRXSE2 ANV

30000形

オウシュウアカマツ





世界_(雑誌)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界 (雑誌) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS