ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 景勝地・観光地 > イタリアの歴史的建築物 > ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアの意味・解説 

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/30 08:11 UTC 版)

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアイタリア語: Galleria Vittorio Emanuele II)は、イタリアの都市ミラノにあるアーケードの名称。2つのアーケード(8角形の建物に2つのアーケードが交差する)に覆われ、ドゥオーモ広場の北に位置し、ミラノスカラ広場へ通じている。イタリア王国の初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世にちなんで名づけられたこの場所は、最初に1861年にデザインされ、イタリアの建築家ジュゼッペ・メンゴーニ[1]によって1865年から1877年の間に建設された。


[ヘルプ]
  1. ^ 名門ボローニャ大学卒のエンジニアでボローニャ芸術学校でアートも勉強した多才な男だった。イタリアが統一される前の1859年にミラノはガレリアの「設計コンクール」を開き、メンゴーニが優勝した。お披露目の前日、メンゴーニは “La mia missione e’ compiuta, l’arco e’ finito.”(私のミッションは完了した。アーチは完成した。)”と言う言葉を残した後、ガレリア上部の50mの高さから転落し、亡くなる。これには陰謀説もある。


「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」の関連用語

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

十日市場・夏狩湧水群

99式自走榴弾砲

ポタラ宮

火成岩

真空コンクリート舗装

万内川一号堰堤

モーレンカンプオウゴンオニクワガタ

ヴィンテージ





ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS