ミノックスとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 写真用語 > ミノックスの意味・解説 

ミノックス

読み方みのっくす

超小型カメラの代表で、9.5mm幅のフィルムを使って、8×11mmの画面撮影する。横長ボディで、フィルム巻き上げボディ一部スライドする「プッシュプル方式によって行うのが特長。もともと、ヴァルター・ツァップという人が1938年ラトビア開発したが、後にドイツ亡命以来、ずっとドイツで作られている。本社ギーセンにあるが、現在ではライカ・カメラ社の傘下に入っている。スパイ秘密文書複写に使ったと言われ、別名「スパイカメラ」と呼ばれる

ミノックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/09 05:30 UTC 版)

ミノックス(Minox)は、


  1. ^ 「ウル」はドイツ語で「最初の」の意
  1. ^ エストニア紙ホリソント(Horisont) 1998年1月号 "Leiutis, mis läks maailma Eestist" エン・ヘンドレ
  2. ^ a b 『クラシックカメラ専科No.4、名機の系譜』p.160。


「ミノックス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ミノックスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミノックス」の関連用語

ミノックスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

おれんじHOPE

シルバー・ストリーク

重量物船

ホークスビー

ニシツノメドリ

クイックデリバリー200

スクロール

Polo





ミノックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2016 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミノックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS