ホイートストンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > 各国の技術者 > ホイートストンの意味・解説 

ホイートストン (Wheatstone, Sir Charles)

ホイートストンという人は

チャールズ・ホイートストン チャールズ・ホイートストン

イギリス 1802~1875

物理学者

ホイートストン電信機発明

グロスター生まれロンドン楽器職人である叔父のもとで修業し、1829年アコーディオン発明する。 独学科学習得し、1834年ロンドン大学キングズ・カレッジ実験物理学教授就任する。

ホイートストンの主な経歴

ホイートストンの5針電信機 ホイートストンの5針電信機

1837年イギリスの気技師クックとともに磁針電信機特許をとり、ロンドンユーストン駅~カムデタウン駅間の1.5kmに電信線を敷設実用化した。 鉄道の駅間連絡には列車よりも早い連絡手段が必要とされていたからであった。 当初は5針式電信機用いていたがこの方式は5本の導線数十km架設せねばならず、故障多発した。失敗成功の元というか故障応時に2線での情報伝送思いつき以後は2針式へ移行していく。

1845年帰線接地した単線単針方式採用する。この方式は電信機操作が容易であるため、長年鉄道電信採用されることになった。

1846年イギリス電信会社法制定され、クックとともにエレクトリック・テレグラフ社を設立する。

1852年には同社電信線総延長は6500kmにおよび、250電信局400台の電信機使用するまでになる。

1855年電解コンデンサ先駆けとなるコンデンサ発明する。 金属表面絶縁性酸化皮膜形成し、これをコンデンサ誘電体膜に応用することを発表した。

1868年コプリ・メダル受賞

チャールズ・ホイートストン

ホイートストン・ブリッジとして知られる電気回路イギリス科学者クリスティによって発明されたものであるが、 ホイートストンがそれを応用して初め電気抵抗精密な測定利用したため、ホイートストンの名がつけられた。


ホイートストン

名前 Wheatstone

チャールズ・ホイートストン

(ホイートストン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/03 08:58 UTC 版)

サー・チャールズ・ホイートストン(Sir Charles Wheatstone1802年2月6日 - 1875年10月19日)は、イギリス物理学者である。




[ヘルプ]
  1. ^ Wheatstone; Sir; Charles (1802 - 1875)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。


「チャールズ・ホイートストン」の続きの解説一覧





ホイートストンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ホイートストン」の関連用語

ホイートストンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エピヌス

ファラデー

ガウス

ラーテナウ

マクスウェル

マルコーニ

ヘルツ

ミラー





ホイートストンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2017 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャールズ・ホイートストン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS