ピクロトキシンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > ピクロトキシンの意味・解説 

ピクロトキシン

薬物ピクロトキシン
英名picrotoxin
化合物名or商品名
分子式C15H18O7
分子データ
用途中枢神経興奮剤呼吸促進剤
副作用
胎,授乳児への影響
備考日本では使われていない
融点203
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1※7.2(腹腔内)
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ピクロトキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/07 05:26 UTC 版)

ピクロトキシン(英:picrotoxin)はセスキテルペンに属する痙攣薬のひとつ。1812年インドから東南アジアに自生するツヅラフジ科の樹木アナミルタ(Anamirta cocculus)から発見され、ギリシャ語の「苦い毒」から命名された。コックリン(cocculin)とも言う。




「ピクロトキシン」の続きの解説一覧





ピクロトキシンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ピクロトキシン」の関連用語

ピクロトキシンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

正中環軸関節

内裏雛

スローロリス

泉谷

ラッピング

上信越高原国立公園

エダウミウシ

海上通信





ピクロトキシンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピクロトキシン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS