シラカンバとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > カンバ > シラカンバの意味・解説 

シラカンバ(白樺)

カバノキ科広葉樹で、本州中部以北北海道千島サハリンシベリアなどに分布している。肌目はやや精密で、主に家具部材漆器木地彫刻材などに用いられることが多い。

シラカンバ


福井岐阜静岡各県より北の海抜高の高い(6001600m)地域分布し、さらに北海道ではより低い0-700mの各地見られます。シラカンバは一般には、木材としてより山で美しシラカバを形作っている樹木として馴染みが深いのではないでしょうか。山が色々な原因裸地になったような場合最初に生え始め、よく純林をつくることがあり、美し景観つくりだします。

木材
心材辺材とのあいだの境ははっきりしてはいません。木材の色は黄白色-淡黄褐色です。立っているものでも、丸太になっているものでもの害を受けやすく、変色をしていることがしばしばあります気乾比重の値として0.60が知られていますが、もっと軽軟なものが一般的でしょう保存性の非常に低い木材です。同じカンバ類のミズメマカンバなどと比較すると硬さ、色などでおおきな違いあります

用途
一般に小さい木が多く大きな丸太が必要な用途には使われません。色が淡く軽軟な木材の必要な用途には、色々な形で使われています。観光地での細工物に使われています。器具家具さらには削片板パルプなどの原料になります。ナメコ栽培用の原木にもなります。


シラカバ

シラカバ
科名 カバノキ科
別名: シラカンバ
生薬名: カボクヒ樺木皮
漢字表記 白樺
原産 ロシア
用途 日当たり良好涼し山林自生する落葉高木樹皮疥癬外用に、利尿養毛剤に、樹液滋養強壮などに用います。
学名: Betula platyphylla Sukatchev
   var. japonica Hara

シラカンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/09 02:22 UTC 版)

シラカンバ(白樺、学名:Betula platyphylla)は、カバノキ科カバノキ属落葉樹の1種。樹皮が白いことからこの名がある。別名はシラカバなど。




「シラカンバ」の続きの解説一覧





シラカンバと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シラカンバ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

シラカンバのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キカラスウリ

ヒメコマツ

カラミザクラ

トドマツ

チゴユリ

マカンバ

トウゴマ

トガサワラ





シラカンバのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2016 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2016 All Rights Reserved, Copyright
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2016, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシラカンバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS