イミダゾールとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 芳香族化合物 > イミダゾールの意味・解説 

イミダゾール

分子式C3H4N2
その他の名称:イミナゾール、イムテックス、グリオキサリン、1,3-ジアゾール、Imutex、Imidazole、Iminazole、Glyoxaline、1,3-Diazole、1H-Imidazole、ミアゾール、Miazole、イミダゾール、Him
体系名:1H-イミダゾール


イミダゾール

1,3-ジアゾール。2つの窒素を含む芳香環で、窒素の間に炭素1つはさむ構造になっている二重結合還元されると、イミダゾリンイミダゾリジンとなる。窒素が並んだ構造ジアゾールは、ピラゾールである。

名前Imidazole
イミダゾール

窒素を含む5員環

Link

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


イミダゾール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/11 07:57 UTC 版)

イミダゾール (imidazole) は、分子式 C3H4N2分子量 68.08 の五員環上に窒素原子を1,3位に含む複素環式芳香族化合物アミンの一種である。窒素原子の置換位置が異なる異性体としてピラゾールがある。グリオキサール (HCO-CHO) とアンモニアから合成された為、グリオキサリンとも呼ばれる。ImidazoleはIUPAC慣用名であるが、系統名は1,3-diaza-2,4-cyclopentadieneである。イミダゾール環構造を示す場合は1,3-diazole類と呼ばれる。






「イミダゾール」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イミダゾール」の関連用語

イミダゾールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

十種ヶ峰水源の森

キハ2011

デカルト

あめりか丸

若狭和田海水浴場

マダコ

グリーン・リップル・ミニ

ボンバルディア式DHC-8-314型





イミダゾールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイミダゾール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS