黒柳徹子 テレビ

黒柳徹子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 00:39 UTC 版)

テレビ

『徹子の部屋』

日本初のトーク番組『徹子の部屋』を始めるにあたり、黒柳がテレビ朝日に出した条件が「スタッフの入れ替えをしないこと」「編集をしないこと(撮って出しの手法)」だった[注 4]。後者の理由は「ゲストのありのままの姿を引き出すため」「番組の質の低下を防ぐため(帯番組を編集するのは多大な労力がかかる)」「ゲスト・黒柳・スタッフの三者間で『ここをカットしてほしい』『ここを残してほしい』と編集に関する意見が衝突するのを防ぐため」の3点である[49](ただし、1度だけカットをしたことがある[50])。黒柳は「一切編集をしない。ほぼ生放送の状態。だから皆さん本心を話してくれるんでしょう。」と語っている[51]

話す内容は、黒柳がゲストについてその日担当のディレクターからレクチャーを受けた際に、その内容を特注のメモ用紙(紙の寸法はA6)に2Bの鉛筆で縦書きに書いたものを繋ぎ合わせたリスト(台本や質問稿ではない)をテーブルに置いて進行する。老眼鏡を使わないで読むので、ゲストに驚かれることがある。そのメモの上にゲストがコップを置くと除けたり、置かないようにあらかじめ釘を刺す。

放送第1回目のゲストは森繁久彌だった。2009年11月11日に森繁が死去した際には、翌12日に追悼特集が放送されている。

黒柳の衣装はゲストと事前打ち合わせはせず、黒柳およびスタイリストによって選ばれている。放送開始から8000回を超えるまでは全て黒柳本人が衣装を用意・選定していたが、その後はスタイリストが用意した衣装も着用するようになった。本番組で使用された衣装の一部は、年に1度日本橋高島屋で開催されているチャリティーセールへ出品されている(売り上げは「青少年とともに歩む会」に寄贈)。

黒柳とゲストのトークは基本的にゲストの活躍している内容について行われるが、常連のゲストのさらに一部の相手とは、「お約束」と言えるような展開で行われる。例えば、小沢昭一が単独ゲストの場合、黒柳と小沢が何らかのテーマに沿った扮装をしてトークを行う「扮装シリーズ」が定番となり、2010年の小沢の最後の出演までに15回行われた[52]

黒柳が司会を務めた『ザ・ベストテン』放送期間中は、よくその番組にランクインした歌手も登場していた。

様々な俳優、文化人の才能を引き出すトークがある一方、お笑いタレントがゲストの時には、芸人がネタを見せた際「面白い!」と一人喜んでいつまでも出演した芸人のネタの披露をやめさせないこと、またゲストがトークに入る前に開口一番「今日は何か面白いネタを披露して下さるんですって?」とわざとトークのハードルを引き上げること等がある。

黒柳が長年ユニセフなどの慈善事業に参加していることから、一般には知られていない各種市民運動団体やボランティア団体の関係者が出演することもある。これらの出演者の場合、黒柳は冗談めいた発言をすることは少ない。

TBS『チューボーですよ!』に黒柳が出演した際、堺正章が「『徹子の部屋』で気に入らなかったゲストとかいますか?」と尋ねたのに対し、黒柳は「気に入らないゲストはそもそも呼びません。ゲストは私が選んでます」と発言した。しかし、実際のところゲストは基本的にスタッフが選び、黒柳が関与するのは最終段階のみとなっている[49]。しかし、福本清三のように本来出演予定になかった人物が、黒柳の意向で出演を依頼したケースもある[53]

2015年5月27日に『徹子の部屋』が放送40年目にして、放送回数通算10000回を達成した際には、「とりあえず50年まで。90歳でここにたどり着くのは大変だと思いますけど、大丈夫かね」と放送50周年となる90歳まで番組を続けていくことに意欲を示している[54]

2015年9月に関西テレビさんまのまんま』に出演した際その収録の合間に司会の明石家さんまと「今度は『徹子の部屋』にも来てください」「出まっせ、出まっせ」といったやりとりがあった。さんまは社交辞令として「出ます」と返事したつもりが、その翌日にスタッフがさんまを訪ね、本人は「まさか、次の日に来るとは思っていなかった」と驚いた。そして、『祝40周年 最強夢トークスペシャル』(2016年2月11日放送)にスペシャルゲストとして所ジョージと共に25年ぶりの出演。両者とも他局の全国ネットのレギュラー番組の収録日をずらして、この日の収録に臨んだ[55]

『ザ・ベストテン』

黒柳・久米コンビによる司会決定の経緯については、資料によって内容が異なっている。山田修爾の著書によれば、最初にTBSの局アナウンサーだった久米が前番組『トップスターショー・歌ある限り』から続投することが決まり、次に相方を女性とすることとなって黒柳がキャスティングされた。制作サイドでは西田敏行を加えた3人体制での司会を予定していたが、西田がスケジュールの都合がつかず、結局2人体制で番組がスタートすることとなった[56]。久米は当初『トップスターショー』を最後に音楽番組の司会から足を洗うつもりだったが、黒柳とのコンビが決まったことで音楽番組を担当し続ける気になったという[57]。しかし2013年9月27日放送の『中居正広の金曜日のスマたちへ』で紹介されたものでは、先に黒柳の起用が決まり、久米がリポーターを務めるTBSラジオの番組のファンだった黒柳[注 5]がもう1人の司会が決まっていない状況を知り、スタッフに気に入っていた久米の起用を打診したとのものだった。なお、黒柳と久米は番組開始前の1977年暮れに同じTBSの番組『第19回日本レコード大賞』で司会を担当し共演している。

出演する歌手が地方や海外に行っていてスタジオに来られない場合でも、「追いかけます、お出かけならばどこまでも」を売りに、当時TBSアナウンサーだった松宮一彦生島ヒロシJNN各局のアナウンサーが「追っかけマン」「追っかけウーマン」として登場し、TBS系列各局の協力を得て、現地からの歌唱を中継披露するのも恒例行事であったが、追っかけの対象は歌手だけでなく司会である黒柳にも及んだ。これは番組開始時に、黒柳が司会に就任する条件の1つとして「毎年海外旅行に行くので2 - 3週間の夏季休暇が取れること」を挙げ、番組側がこれを受諾したことが遠因である。しかし、番組制作側としては要の一人である黒柳を3週間も欠くことは大きな痛手であると考えたため、結局黒柳の旅行先である海外までスタッフを派遣し衛星生中継で黒柳を出演させた[59]。黒柳を追いかけての衛星生中継は1978年のニューヨークに始まり[60]オスロパリなど毎年夏の恒例となり、1984年には遂に久米も一緒に海外に飛び出してミュンヘンからの生中継を行った。

久米と共演した過去があることから、2004年3月まで放送されていたテレビ朝日『ニュースステーション』に、UNICEF親善大使として毎年ゲスト出演していた。また、2009年4月18日には、TBSラジオ『久米宏 ラジオなんですけど』に、黒柳がゲストで生出演し、番組冒頭から最後まで「全編黒柳徹子スペシャル」として放送された。また、14時台後半には『ザ・ベストテン』の最多ランキング記録を持つ田原俊彦も飛び入り出演し、当時の『ザ・ベストテン』を振り返った。

ヨーガが得意で、着衣のまま水中浮揚を披露したこともある。

近藤真彦のファンであり、親子のような関係だと自認している[61]。ある時、近藤が「車を欲しいんだけど、タイヤだけでいいから買ってくれないか」と頼まれたんです。タイヤは4つ必要じゃないですか。だから、私がジャニーズ事務所のジャニー喜多川さん、メリー喜多川さんと久米さんに頼んで4人で買ってあげることにしたんです。久米さんは「何で俺が…」って言っていたけど[61]

桑田佳祐も近藤同様親子関係だと黒柳は述べている[61]

黒柳の話が余りに長くなると、久米が強引に話を打ち切り歌や中継に振ることも多かったが、若林正人のようにこのことで久米批判はしていない。

久米について黒柳は「渥美さんのような温かさはないんです。でも、考え方や持って生まれた価値観が似ていて、話が合う。」と述べている[61]

『世界・ふしぎ発見!』

TBS『世界・ふしぎ発見!』などのクイズ番組の書き問題時には、必ずと言っていい程答えを縦書きで書き(ただし、答えの中にアルファベットが入っている場合は例外的に横書きにする)、漢字を最大限に使う。

1986年の番組開始当初、それまでクイズ番組に出演したことがなかったため、「当時『徹子の部屋』と『ザ・ベストテン』をやっていましたので、もし、クイズができなくて『頭、悪いんじゃないの?』と思われることを心配しました」と、当時は出演を迷っていた[62]

衣装は着物姿で出演する。この理由は「(世界の歴史や文化を取り上げる番組にもかかわらず)レギュラーで日本の伝統的な着物を着ている人が一人もいないということが分かったこと」「もし答えができなくても着物を着てれば、誰だか分かんないかもと思ったこと」の2点である[62]

2014年9月13日には「黒柳徹子 不老不死伝説 100歳まで元気に美しく生きる方法」という企画が放送された[63]。番組内では「番組始まって以来最大のミステリー」と紹介された。

『NHK紅白歌合戦』

1958年の『第9回NHK紅白歌合戦』で、紅組司会を初めて務めた。現存している映像の中から、江利チエミ淡谷のり子の歌の音声の紹介の時には、黒柳の曲紹介の音声も一緒に紹介された(後の声と比べると高い声をしている)。当初、番組側は当時常連出場歌手の楠トシエを紅組司会に起用する予定だったが、当時は歌手兼司会が認められておらず、歌手としての出場を希望した楠が紅組司会の打診を断った。楠に続いて打診を受けた黒柳は「歌手の方と付き合いが乏しい」と拒否したが、番組側の説得に応じる形で最終的に引き受けた[64]。なお、この時の黒柳の年齢は25歳であり、当時の紅白における最年少司会記録であった[65]

1958年当時は、テレビ各局で、紅白と同様に外部の大型劇場を借り切っての歌謡番組が大晦日の「目玉プログラム」として編成されていたため、出場歌手の大半が紅白の放送が始まる時点でまだ会場に到着していないという異常事態が起きている。その混乱ぶりから、黒柳は松島詩子の出番の際に、誤って「渡辺はま子さん」と紹介してしまうミスを犯している(しかし後年、『徹子の部屋』に松島がゲスト出演した際に、黒柳はこの件につき謝罪したところ、当の松島本人はすっかりこの時の黒柳のミスのことを忘れていた)。

1980年には、『ザ・ベストテン』、『徹子の部屋』、『音楽の広場』の司会ぶりを買われ、22年ぶりに「第31回NHK紅白歌合戦」の紅組司会に起用された(司会返り咲きまでの当時の最長インターバル記録となっていた)が、その際、黒柳は紅組司会を受ける条件として、「紅白の番組構成に私の意見を取り入れて欲しい」と要望。これが「1980年代最初の紅白なのでフレッシュな内容にしたい」と考えていたNHK側の思惑と合致しての司会起用だった。なお、これは後に自身が更新するまで紅白における司会返り咲きの最長ブランクだった。この年は、宝くじの抽選会で使用されているものと同仕様のルーレットを使用して、本番の中で攻守を決めるという異例の構成が採られたが、これも黒柳の「自身の意見を取り入れて欲しい」という要求を与して考え出されたものであるとされる[66]

1981年の「第32回NHK紅白歌合戦」についても同年、著書『窓ぎわのトットちゃん』が350万部を超す大ベストセラーを記録し、「トットちゃんブーム」が起こったことあり、紅組司会を続投した。以後、1983年の『第34回NHK紅白歌合戦』まで連続して紅組司会を務めた。

そのうち、黒柳が最後に紅組司会を務めた第34回では、当初紅組司会に当時放送中で高視聴率(最高60%)を記録していた連続テレビ小説おしん』の出演者である田中裕子(ヒロイン)か泉ピン子(ヒロインの母親役)を据える計画があったという。しかし最終的には1度は完全にリストから消えていた黒柳が続投することとなった(4年連続起用)。黒柳は司会発表会見で「週刊誌では『気くばり先生』(鈴木健二。当時NHKアナウンサー)と『おしん』と書かれていたようで…。新鮮味に欠ける私で申し訳ありません」と述べた[注 6][注 7]。一方、『窓ぎわのトットちゃん』が大ベストセラー(この時点で563万部)になっていた黒柳と、『気くばりのすすめ』が300万部突破のベストセラーを記録していた鈴木のベストセラー作家同士の両組司会として話題にもなった[64]

1984年の『第35回NHK紅白歌合戦』も当初は引き続き黒柳の紅組司会起用で決定しかけていたが、この年9月に黒柳が「もう今年が引き時では」と辞退を申し入れる。結局、白組司会の鈴木は続投したが、紅組司会はこの年紫綬褒章を受章し、黒柳とも親交がある森光子に交代となった[66][68]

2015年の『第66回NHK紅白歌合戦』では総合司会を担当、32年ぶりの司会復帰となった(先述の司会返り咲きまでの最長インターバル記録を自身が更新)。黒柳の年齢は82歳であり、第35回で紅組司会を務めた森の64歳という記録を抜いて史上最年長司会となるほか、70代以上の人物が司会を担当するのは史上初[65]。NHKアナウンサー以外の女性が総合司会を務めるのは史上初であり、またNHKアナウンサー以外の女性が組司会と総合司会の双方を経験するのも初めて。

1955年の『第6回NHK紅白歌合戦』・1963年の『第14回NHK紅白歌合戦』・1969年の『第20回NHK紅白歌合戦』・1989年の『第40回NHK紅白歌合戦』・2017年の『第68回NHK紅白歌合戦』には応援ゲストとして、2014年の『第65回NHK紅白歌合戦』・2020年の『第71回NHK紅白歌合戦』にはゲスト審査員として、2016年の『第67回NHK紅白歌合戦』にはVTRゲストとして出演している。その他、1970年の『第21回NHK紅白歌合戦』、1979年の『第30回NHK紅白歌合戦』、1994年の『第45回NHK紅白歌合戦』でも紅組司会の有力候補に挙がっていたとされる。

その他テレビ出演時のエピソード

1971年から1972年にかけて放送されたNHK連続テレビ小説繭子ひとり』に、黒柳は下宿のおばさん・おケイさん役で出演し、東北なまりと特徴的な老けメイクでの演技が話題を呼んだ。黒柳は少女時代を疎開で同ドラマの舞台である青森県三戸の隣町・諏訪ノ平で過ごしていたが、黒柳は、当時の芸能人としては異例となるアメリカ留学をするため、途中で降板。12月2日の放送で、「おケイさんは家政婦の仕事でニューヨークに渡る」という設定を取り入れ、羽田空港から旅立った。後には、「おケイさんから久しぶりにフィルムの便りが届いた」との設定で、黒柳が大きな眼鏡をつけたおケイさんスタイルでニューヨーク5番街を散策するフィルムが放送された。この役が黒柳にとってもひとつの転機となった。


注釈

  1. ^ 野々村真板東英二は最初準レギュラーだった。なお、板東は2012年に不祥事によって降板している。
  2. ^ 実際には国交成立
  3. ^ これは当時のタモリの持ちネタの1つで、他番組でも、魚をさばいた後で、身の部分を捨てて、頭や内臓などを使用した鍋料理などを作って食べさせることがあった。
  4. ^ ただしこれは番組がいつまで続くか分からなかった開始当初のことであり、実際にはプロデューサーやディレクターは入れ替わっている。
  5. ^ この時は顔を知らず久米を太ったコメディアンだと思っていた[58]。ある日、偶然からスタジオのすぐ外の(ガラス越しに見える)部屋へと入ってきた久米を、ラジオ番組のメインMCを務めていた永六輔がゲストの黒柳に紹介したことにより、黒柳は久米の外見を知ることとなった。
  6. ^ 前年の1982年の「第33回NHK紅白歌合戦」が視聴率70%割れを記録したため、第34回では「視聴率を復活させよう」とNHK・各レコード会社が躍起し番組作りが行われ、白組司会については、前年まで9年連続での担当者だった山川静夫(当時NHKアナウンサー)から山川の先輩であり当時視聴率40%を記録していた『クイズ面白ゼミナール』の司会者で著書『気くばりのすすめ』が300万部突破のベストセラーを記録した鈴木に交代となっている(60%の『おしん』、40%の『クイズ面白ゼミナール』で合計100%構想なる計画である)。山川自身は黒柳が紅組司会続投となったため、「(NHK職員の立場である)僕だけが責任を取らされた」と思ったという。
  7. ^ 田中は同紅白に審査員として出演した。泉は1977年に「哀恋蝶」が10.9万枚(オリコン最高位37位)のヒットを記録したが紅白には落選となった経緯がある。紅白に対しては「歌手としての意地がある」と何度も応援出演を断っていた[67]
  8. ^ 「タマネギ頭」という呼び名を付けたのは久米宏だという[70]
  9. ^ 役名は柴柳徹子。

出典

  1. ^ a b c d 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.44.
  2. ^ a b c TBS世界・ふしぎ発見!』2014年9月13日放送分より
  3. ^ a b c d e f g 佐藤正弥「データバンクにっぽん人 第142回 黒柳徹子」『週刊現代』1980年4月30日号、講談社、 64–68頁。
  4. ^ 黒柳徹子 (1981). 窓ぎわのトットちゃん. 講談社. p. 12 
  5. ^ 隈元信一 (2016年8月13日). “「スルメが私の戦争責任」 黒柳徹子さんの苦い記憶”. 朝日新聞デジタル. オリジナルの2017年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170731051017/http://www.asahi.com/articles/ASJ8C2Q2MJ8CUBNB006.html 2017年8月4日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ a b c d 出演者編:黒柳徹子さん テレビ出演歴60年!黒柳徹子さんがテレビ草創期の舞台裏を回想”. 舞台裏インタビュー. NHKアーカイブス. 2017年11月17日閲覧。
  7. ^ a b 『100年インタビュー』(NHK BSプレミアム2011年8月6日放送)
  8. ^ a b c d 黒柳徹子ロングインタビュー「30代の頃は、自分の仕事に、生き方に迷っていた」 FRaU.(2017年6月30日). 女性誌ネット(講談社)。
  9. ^ エンタがビタミン♪】黒柳徹子、テレビに関わり60年。「NHKで降ろされた」「視聴率考えたことない」。,Techinsight,2013年12月27日
  10. ^ 第01回 日本放送作家協会賞パンフ (PDF)”. 協会刊行物アーカイブ. 日本放送作家協会. 2017年11月3日閲覧。
  11. ^ NHKアーカイブス(番組)|これまでの放送“女の一生”いまも〜杉村春子と文学座ロングラン公演〜『徹子の部屋』の歴史上「唯一のカット」とは 黒柳徹子が語る放送一万回の秘話
  12. ^ “樹木さんも黒柳さんも…文学座研究所が50年記念同窓会”. 朝日新聞デジタル. (2010年3月20日). http://www.asahi.com/showbiz/stage/theater/TKY201003200349.html 2017年11月1日閲覧。 
  13. ^ a b c 黒柳徹子 (2014年4月18日). インタビュー 黒柳徹子 学び続けるトットちゃん 黒柳徹子が今、振り返る 38歳からのニューヨーク留学. インタビュアー:菊地陽子. CREA WEB(文藝春秋).. http://crea.bunshun.jp/articles/-/5146 2017年11月1日閲覧。 
  14. ^ a b “黒柳徹子の”タマネギヘア“はいつ、どうやって生まれた?”. ケトルニュース (太田出版). (2016年7月11日). http://www.ohtabooks.com/qjkettle/news/2016/07/11075351.html 2019年2月23日閲覧。 
  15. ^ 西村重人 (2017年12月20日). “黒柳徹子、たまねぎ頭の生みの親とツーショット 素敵な思い出話”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0097111 2019年2月23日閲覧。 
  16. ^ a b 関雄輔 (2016年10月6日). “黒柳徹子 海外コメディー「レティスとラベッジ」主演 今も欠かさぬ「女優の顔」”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20161006/ddf/012/200/019000c 2017年11月3日閲覧。 
  17. ^ 第38回菊田一夫演劇賞発表一般財団法人 映画演劇文化協会、2013年5月28日
  18. ^ a b “黒柳徹子、大腿骨骨折も1ヶ月で歩けるまで回復 車いすで舞台の理由は「用心して」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2098056/full/ 2017年11月1日閲覧。 
  19. ^ a b “黒柳徹子84歳初の骨折…理由明かさず車いすで舞台”. 日刊スポーツ. (2017年9月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201709290000026.html 2017年11月1日閲覧。 
  20. ^ a b 林尚之 (2018年4月22日). “黒柳徹子、主演舞台に幕「感謝の気持ちでいっぱい」”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804220000101.html 2018年4月29日閲覧。 
  21. ^ a b 林尚之 (2018年4月28日). “女優黒柳徹子、シリーズ公演終了も舞台への思い続く”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/hayashi/news/201804270000564.html 2018年4月29日閲覧。 
  22. ^ a b 黒柳, 徹子 (2018年10月28日). 黒柳徹子が30年続けた舞台の千秋楽を終えて語ったこと. (インタビュー). 女性自身光文社).. https://jisin.jp/entertainment/interview/1675633/ 2019年2月22日閲覧。 
  23. ^ a b 黒柳徹子スペシャル ラヴ・レターズ LOVE LETTERS”. PARCO STAGE. パルコ. 2019年6月28日閲覧。
  24. ^ a b “黒柳徹子スペシャル「ラヴ・レターズ」、相手役は高橋克典・筒井道隆・吉川晃司”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年6月28日). https://natalie.mu/stage/news/337514 2019年6月28日閲覧。 
  25. ^ 『徹子の部屋』ギネス認定! 同一の司会者による番組の最多放送回数8961回 - ORICON STYLE
  26. ^ 『徹子の部屋』放送1万回達成 ギネス世界記録認定へ ORICON STYLE(2015年5月27日)
  27. ^ a b 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  28. ^ 放送文化賞
  29. ^ 文化功労者の黒柳徹子さん、テレビの歴史と足跡刻む”. 日本経済新聞 (2015年10月30日). 2015年10月30日閲覧。
  30. ^ 平成29年度名誉都民候補者 東京都生活文化局 報道発表資料 2017年08月25日
  31. ^ 第29回石井十次賞を決定 女優でユニセフ親善大使の黒柳徹子さんに贈呈.
  32. ^ 黒柳徹子、YouTubeチャンネル開設を発表 87歳の挑戦に驚きの声「見たい、見たいです」”. ORICON NEWS (2021年7月7日). 2021年7月7日閲覧。
  33. ^ a b 黒柳徹子ユニセフ親善大使 - 日本ユニセフ協会
  34. ^ トットチャンネル/アルバムチャンネル
  35. ^ 日本ユニセフ協会・お知らせ - 黒柳徹子ユニセフ親善大使 就任25周年記念感謝式典
  36. ^ トットチャンネル - お願いチャンネル
  37. ^ 黒柳徹子「怖かった」過去のスパイ容疑での拘束語る 日刊スポーツ 2017年5月8日
  38. ^ 黒柳徹子さん - 国連広報センター
  39. ^ 朝日社会福祉賞:朝日新聞社インフォメーション
  40. ^ 黒柳徹子名誉会長からのメッセージ|日本パンダ保護協会
  41. ^ 活動報告|日本パンダ保護協会
  42. ^ パンダ博士・黒柳徹子さんと「日本パンダ保護協会」
  43. ^ パンダ名前募集、最多は「ルンルン」 不採用の理由は…
  44. ^ トットひとり/黒柳徹子、「私の母さん、私のお兄ちゃん」
  45. ^ 2006年8月4日の北日本新聞のコラム「天地人」より
  46. ^ 2008年1月27日放送.アメトーク男はつらいよ芸人
  47. ^ 2017年9月27日放送1周回って知らない話黒柳徹子の休日に30時間密着SP
  48. ^ 1995年1月15日放送.NHK-BS2『BSスペシャル 渥美清の寅さん勤続25年』
  49. ^ a b 永江朗『聞き上手は一日にしてならず』 新潮社〈新潮文庫〉、2008年、11-33頁
  50. ^ [1],週刊新潮,2015年8月6日通巻3000号記念特大号
  51. ^ 「テレビ放送60年、ともに歩む 黒柳徹子さん」『朝日新聞』2013年1月1日
  52. ^ 徹子の部屋 追悼 小沢昭一さん テレビ朝日
  53. ^ 『探偵ナイトスクープ』DVD VOL8収録分より
  54. ^ 「徹子の部屋」1万回、ギネス認定 次は「90歳まで」 朝日新聞デジタル(2015年5月27日)
  55. ^ 『徹子の部屋』祝40周年 25年ぶり明石家さんま&所ジョージがゲスト出演 オリコン(2015年1月23日)
  56. ^ 『ザ・ベストテン』(山田修爾著、ソニー・マガジンズ、2008年) p.46 - 47
  57. ^ 山田 p.239
  58. ^ [2],goo
  59. ^ 山田 pp.52 - 56
  60. ^ 山田 pp.85 - 94
  61. ^ a b c d 【黒柳徹子こう言う録】引きだしいっぱい「徹子の部屋」 スポーツ報知
  62. ^ a b [3],デイリースポーツ,2016年10月14日
  63. ^ [4],goo
  64. ^ a b 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』全音楽譜出版社、2012年。
  65. ^ a b 82歳黒柳徹子が最年長総合司会 初司会は25歳当時最年少記録 スポニチアネックス2015年11月27日
  66. ^ a b 合田道人『紅白歌合戦の真実』(幻冬舎・刊)
  67. ^ [5] デイリースポーツ(2014年9月4日)
  68. ^ 合田『紅白歌合戦の舞台裏』
  69. ^ 黒柳徹子 スペシャルインタビュー|ビルボードジャパン
  70. ^ a b c [6],goo
  71. ^ [7],ZAKZAK,2015年2月20日
  72. ^ ほぼ日刊イトイ新聞: 黒柳徹子さんのお話”. 2011年8月13日閲覧。
  73. ^ 発言小町”. 2011年8月13日閲覧。
  74. ^ 「アメ玉3個」黒山徹子のたまねぎ頭は小物入れだった!? - エキサイトニュース
  75. ^ 【エンタがビタミン♪】『あまちゃん』での“夏ばっぱ” 宮本信子がクドカン脚本の魅力を語る。「万華鏡のよう」。,techinsight,2013年11月13日
  76. ^ 黒柳徹子、『トットちゃんの広場』建設に感慨 母校の思い出を回顧 ORICON STYLE 2014年5月23日
  77. ^ [8]、『スポーツニッポン』2014年11月6日
  78. ^ [9]、『サンケイスポーツ』2016年9月7日
  79. ^ 徹子の部屋バックナンバー 2016年4月11日 徹子の部屋
  80. ^ [10],ZAKZAK,2016年9月30日
  81. ^ 2016年10月21日放送 19:00 - 20:54 フジテレビダウンタウンなうtvでた蔵 tvでた蔵
  82. ^ 調査対象は日本の人口バランスに合わせた比率の10代〜70代(2000人)で、全国のあなたの街に住みます芸人による街頭調査およびリサーチ会社による調査を行った。ノミネートされた人物の中には戦国武将などの歴史的人物も含む。
  83. ^ 第1位はタモリ
  84. ^ “『水ダウ』の「古今東西知名度ランキング」アンダー60で唯一トップ10に入る中居正広の凄まじさ”. クイックジャパンウェブ. (2020年7月23日). https://news.yahoo.co.jp/articles/555538a4966e406db65f1843c54ac21b2f4f89b2 
  85. ^ NHKクロニクル|NHK番組表ヒストリー|番組表検索結果詳細”. NHK. 2016年9月8日閲覧。
  86. ^ 34年ぶりのドラマ出演 - 徹子の部屋2時間スペシャル(テレビ朝日、2011年4月27日)放映分にて
  87. ^ 黒柳徹子さんのエッセイをドラマ化!『トットてれび』制作開始!|土曜ドラマ|ドラマトピックスブログ:NHKブログ”. NHK (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。
  88. ^ 番組紹介、出演者 NHK みんなの手話”. NHK福祉情報サイト ハートネット. NHK. 2021年5月28日閲覧。
  89. ^ 黒柳徹子海外コメディシリーズの歴史”. PARCO STAGE. パルコ. 2017年11月3日閲覧。
  90. ^ a b 黒柳徹子主演海外コメディー・シリーズ最新公演は、麻実れいを迎え『レティスとラベッジ』を上演”. シアターガイド (2016年2月15日). 2016年2月16日閲覧。
  91. ^ “黒柳徹子さん、芦田愛菜さん、加藤浩次さんが「伊右衛門」TV-CMに初出演! サントリー緑茶「伊右衛門」新TV-CMを4月13日(月)より全国でオンエア開始 新しくなった「伊右衛門」に黒柳さんが一言!「あなたやっと緑になったのね」”. サントリー食品インターナショナルニュースリリース. (2020年4月8日). https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF0981.html 2020年9月1日閲覧。 






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒柳徹子」の関連用語

黒柳徹子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黒柳徹子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒柳徹子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS