加山雄三 人物・逸話

加山雄三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 14:40 UTC 版)

人物・逸話

船に憧れた学生時代

  • 小学校時代の家庭教師は東京商船大学(現・東京海洋大学)の学生で、船の設計図などを見せて貰ったりしているうちに船への情熱が沸き始めるようになった。
  • 14歳でカヌーを造って以来、大小10隻以上の船も設計しており、光進丸という自ら設計した全長30メートルを超える船を所有している。さらに自ら『光進丸』という曲も作る程で、その愛着ぶりが伺える。加山は、小型船舶免許や5級海技士免許を所持しており、「海の若大将」では、初代光進丸が劇中に登場する。
  • 慶應義塾高校時代には造船技師か船乗りも頭の中にあり商船大学への進学も考えたが、「せっかく慶応に進学したのだから、もったいない」と周囲に言われそのまま慶應大学に進学した。その際、船舶設計の専攻がある工学部への進学を志望していたが、成績不振のため断念し、第二志望の経済学部もダメで、結局法学部政治学科に進学した[29]
  • 大学の就職活動の時期になると、アサヒビールや三菱商事などの就職資料を取り寄せた際、バンド仲間の親友峰岸慎一(後の文化放送会長)の勧めで芸能一家、上原謙という暖簾を使えと言われても意に介さなかったが、映画で一旗揚げて船の資金を調達すればいいという言葉にグラリときて、会社員として映画界に就職する感覚で東宝へ入社した[29]
  • 1960年4月に東宝へ入社してからの数年間は国鉄(当時)の茅ヶ崎より砧撮影所の最寄り駅である小田急電鉄成城学園前まで電車通勤し、母の考案で土方が持つような巨大な弁当箱を持参していたことから「ドカ弁(土方の弁当の略)」と呼ばれていた[30]

役者エピソード

  • 映画『椿三十郎』で若侍役の加山と田中邦衛が、三十郎役の三船敏郎の叱責を受けて殴られる場面があるが、実は撮影直前に二人はうどんを食べに無断で現場を抜け出しており、それを知って憤慨した三船が二人を本気で殴っている場面でもある。そのせいか、周囲の侍役の役者達が三船の剣幕に慄く様が見て取れる。
  • 前述の通り、船が大好きな加山だったが、船舶免許の試験日と映画『赤ひげ』の撮影日が重なってしまったことがある。初代『光進丸』の完成もあり、どうしても諦め切れなかった加山は、自分だけでは許してもらえないと思い悩んだ末に事前に主役の三船敏郎に根回しをして監督の黒澤明に「三船と船舶免許を取りに行くため撮影を休みたい」と申し出た、その甲斐あって黒澤から許可をもらい、そして2人とも見事に一発合格した。
  • 映画『エレキの若大将』劇中で、『君といつまでも』を歌うシーンについて、あまりに現実離れしたあり得ない展開(若大将が、澄子(星由里子)を思って作った曲を二人でデュエットする設定や試合中にヘリコプターで会場に乗り付ける展開)であることを加山が指摘した。しかし「映画なんだからいいんだ」とスタッフに押し切られ、結局は加山が折れることで撮影が続行された。この経緯から、加山は歌詞の内容とミスマッチな仏頂面で歌っている。

趣味・特技など

  • 大のビデオゲーム好きであり、時間さえあればゲームに熱中している(後述)。
  • 鉄道マニアでもあり、「加山雄三ミュージアム」には自身の鉄道模型コレクションが多数展示されている。専門誌「鉄道ファン」にインタビュー記事が掲載されたこともある。
  • UFOに高い関心を示すことがあり、知識も豊富とされる。
  • 英語は、日常会話には全く不自由しないほどのレベルである。初期の楽曲作品では英語詞のものも何曲か含まれている。また米国永住権(グリーンカード)保持者でもある。
  • 絵画油絵)の腕前は玄人はだしで、画集を出版しているほか、個展も開いている。「加山雄三ミュージアム」にも多数展示がある。
  • 料理の腕も一流で周囲に手製料理でもてなすこともある。1980年代には、日本テレビ系料理番組『ごちそうさま』の常連ゲストとして、多数出演し腕を振るった。しかし、ある出演回では「海の料理を作る」とのテーマだったにも関わらず「トマトライス」なる海と関連の薄い一品を作り、次の出演機会でも「ニンニクライス」なる一品を披露した。食材としては海に無関係であったが「光進丸でよくこれを作るんです」と海との繋がりを説明した。
  • 運動神経抜群でスポーツ万能だが、野球を不得意とし、そのため『若大将シリーズ』でも野球をする場面はなかったという。
  • 慶應義塾大学在学中に、スキーで国民体育大会に出場したことがある。またスキューバダイビングなどのマリンスポーツも楽しむ。
  • 綾小路きみまろの漫談や、桂文枝の創作落語も良く聴いている[31]
  • 好きな歴史上の人物としてアインシュタインを挙げ、科学的なことに加えて、彼がヴァイオリン奏者であったこと、彼がベートーヴェンよりもモーツァルトの方を好んだことに親近感を覚えると言う[32]
  • ジブリ映画の大ファンで「あんなに優れた映画は(他に)ない」と言う[32]

人間関係

  • 1966年6月、ビートルズが来日した際に東京ヒルトンに宿泊していた4人を訪ねて、すき焼きで会食した[33]。初対面の際には、ジョン・レノンに後ろから目隠しされた。
  • 1960年の秋、雑誌の取材で一緒になったことがきっかけで赤木圭一郎と親しくなり、所属した映画会社こそ東宝と日活で異なっていたものの、同年代で同じ湘南育ちということもあって急速に親交を深めて行き、その友情は翌1961年2月、赤木が事故で急逝するまで続いた。加山は赤木とのエピソードを『湘南讃歌』『若大将の履歴書』などの自著の中で綴っているほか、赤木をイメージして「夕映えのスクリーン」という楽曲を作曲し、1997年、アルバム『LIFE』の1曲として発表している(山川啓介による歌詞も、加山と赤木の友情をモチーフとしている)。
  • かつて付き人を務めていたのは『太陽戦隊サンバルカン』の初代バルイーグル/大鷲龍介役で知られる歌手の川崎龍介
  • テレビ朝日徹子の部屋』の常連ゲストで、放送開始年の1976年から出演し、2019年5月16日の放送で49回の出演となり最多出場である[34]。出演の際には黒柳徹子東北弁トークをすることが定番の流れとなっている。かつては正月に家族とともに出演することが恒例となっていた。1985年から1994年までの10年間は年間最初のゲストだった[35]。2012年には5月7日と10月11日と1年間に2回出演している[36]。また「徹子の部屋コンサート」には第1回(2006年)〜第10回(2015年)まで毎回出演し、第13回(2018年~)から再び出演している。
  • 「船酔いして厄介になる」との理由で一貫して船には女性を乗せない姿勢を貫いていたが、初めて乗せた女性が全く船酔いせず悠々と編み物をしているその姿を見て一目惚れしてしまう。それが後に結婚して妻となる松本めぐみであった。

音楽関係

  • 東京文化会館のステージに初めて立ったポピュラー歌手(2006年)である。
  • さだまさしが、2006年まで毎年8月に行っていた平和を祈念したコンサート「夏・長崎から」に共鳴し、1996年から10年間連続でゲスト出演した。2007年に行われた「夏・広島から」にもゲスト出演している。
  • 上記のさだや桑田佳祐をはじめ、山下達郎なども加山の影響を受け、敬愛するミュージシャンも多い。
  • 2015年に、ももいろクローバーZ玉井詩織に対して、自身と同じ「若大将」の愛称を名乗ることを公認した[37]。また、2016年には玉井のイメージカラーのイエローにペイントしたモズライト・ギターを贈呈[38]。この縁もあり、ももいろクローバーZが大晦日に開催する『ももいろ歌合戦』に第1回(2017年)から第3回(2019年)まで出場した。
  • トリビュートアルバム60 CANDLES」をリリースした後に、参加した全てのアーティストに対し、フェンダー・カスタム・ショップに特注したストラトキャスターを1本ずつ贈呈した。ヘッドの後ろに、それぞれのアーティストの名前を刻んだ真鍮のプレートを取り付けているのが特徴である。
  • THE ALFEEとは、公私に渡って付き合いが深く、上記のストラトキャスターも3人全員に1本ずつ贈呈している。後に共作シングルとして「Love Again」(加山雄三with THE ALFEE名義)をリリースしたほか、THE ALFEEのステージにサプライズで登場したことがある。また、高見沢俊彦ESPにオーダーした、「エンジェルギター」にモズライトのパーツを組み込んだ「サーフ・エンジェル」をプレゼントする(お礼に高見沢の肖像画を贈ったという)などの交流が続いている。THE ALFEEがカバーした「夜空の星」を加山が、ステージで「逆カバー」している。それに関して「アルフィーのバージョンで歌ってたら、高いキーの声が出るようになったんだよ」と語っている。2004年ニッポン放送ラジオ番組坂崎幸之助のオールナイトニッポン』に生出演した際には、ご機嫌な様子で坂崎とのセッションで持ち歌の生演奏をした。
  • 過去に加瀬邦彦ザ・ワイルドワンズ)が経営するライブハウスケネディハウス銀座」に、加瀬から出演のオファーが来たが、その際ギャラの問題になった。加山が「友人のライブハウスだからギャラは要らない」と固辞したのに対して、「どうしても」と懇願する加瀬。いつまでも埒があかないので、加山が条件として突き付けたのが「じゃあギャラはビールと焼き鳥!」というもので、それからノーギャラで毎月出演している。
  • モズライト・ギターを違法にコピーしていたフィルモア楽器と契約しており、自身のモデルを出していたため、モズレーの遺族と「被害者の会」から詐欺および不正競争防止法第2条1項に当たるとして刑事告訴されている。自身も「私の持っているギターは本物のモズライトではない」と発言している。起訴は免れたものの、遺族はフィルモア楽器を相手に、商標の所有権を明確にさせるためアメリカ合衆国連邦裁判所に提訴、受理された。[要検証]モズライトの項目を参照)
  • 2016年9月には「マイケル・ルノーが加山の作詞のゴーストライターをしていた」と報道された。所属事務所側はこれを否定している[39]

娯楽番組など

  • 8時だョ!全員集合』(TBS系列)に出演時、台本上では加山は笑いを取る役ではなかったが、本番では「ウンコチンチン」を披露したことがある。これは、そもそも当時所属していた東宝が「笑いを取らせるようなことをさせない」ことを条件に出演を了承していたことが関係しているが、加山は「馬鹿なことだろうと何だろうとお笑い番組に出て笑いを取らないのは、音楽番組に出て歌を歌わないのと同じこと」とスタッフの反対を押し切った形でのギャグ披露となった[40]
  • 同様な理由で、映画『クレージー黄金作戦』にゲスト出演した際、当初は「二人だけの海」を歌うシーンのみの出演予定だったが、アドリブで植木等のギャグ「お呼びでない? これまた失礼しました!!」を披露した。
  • クイズタイムショック』(テレビ朝日系列)では、全問正解パーフェクトを4回も達成したことがある。この記録は個人記録としては破られていない。
  • 1986年大晦日の『第37回NHK紅白歌合戦』で白組キャプテンを務めたが、『仮面舞踏会』を紹介する際、誤って「…少年隊、『仮面ライダー』!」と言ってしまった。後に「あれは控室で『何か『仮面ライダー』みたいな題名だな』と他の出演者が言ったのが頭に残っていたから」と説明している。「他の出演者」とはおそらく近藤真彦ではないかと東山紀之がインタビューなどで語っていた。
  • 1990年代以降は、バラエティ番組トーク番組への出演が増えた。前述の『徹子の部屋』(テレビ朝日系列)の最多出演はもちろんのこと、NHK総合テレビで放送された『スタジオパークからこんにちは』も出演回数最多の7回を誇っており、最終回(2017年3月17日)にも出演した[41]

ゲーマー

スペースインベーダー』の頃から遊んでいるゲーマーで、幼い時の子供2人と遊んでいた[42]

少しでも時間があると、『バイオハザード』や『鬼武者』、『ファイナルファンタジー』、『グランツーリスモ』などをプレイしている。本人によると「バイオハザードは1から5まで、5はネットでやった。FF(ファイナルファンタジー)は10までやったけど、11がネットになったからそれはやってない」と語っている[43][出典無効]。特に、『バイオハザード』には熱心で、2011年に『さんまのまんま』に出演したときには、『バイオハザード』の面白さを熱弁していた。『バイオハザード1』ではナイフ使用限定クリア、『鬼武者』において57分というクリアタイムを叩き出している。この記録は、世間的に見ても相当上手でないと達成できないことから、その熱中ぶりがうかがえる[44]。『バイオハザード』への熱中ぶりは81歳となった2018年時点でも変わらず、同年9月11日放送の『チマタの噺』に出演した際には2017年発売の『バイオハザード7』やそのVRプレイの面白さを力説し、MCの笑福亭鶴瓶を呆れされている[45]

ハドソンのスーパーファミコン用ソフト『鮫亀』ではゲーム音楽とイメージソングの作曲を手掛けている。これは当時ハドソンの会長であった同社の創業者工藤裕司と加山が知り合いであり、加山が工藤に「いつかテレビゲームの音楽を作曲する機会があったら、俺もやってみたいな」と話したところ、工藤が子供から大人まで楽しめるゲームのほうが加山のイメージに合うだろうということで『鮫亀』を推薦したことが経緯である[46]

ゲームをやりだしたきっかけとしては、老化防止になると友人から薦められたから、と語っている。2006年4月5日放送の『ウチくる!?』スペシャルに出演した際は『ファイナルファンタジー』について熱く語った。

また、ソフトは『バイオハザード』シリーズのみであるが、ニンテンドーゲームキューブWiiPlayStation 3ニンテンドー3DSPlayStation 4も所有している[47]

同い年の鈴木史朗とは『バイオハザード』をプレイしているという共通点で交友がある[48][出典無効][49]。『バイオハザード リベレーションズ』においては発売日に朝日新聞にて鈴木と共に広告で競演[50]。ゲームスポットジャパンでは対談まで実現した[50][51]

若大将のゆうゆう散歩

地井武男[52]が出演していたテレビ朝日『ちい散歩』を引き継ぎ、2012年5月7日から開始し2015年9月25日まで放送された『若大将のゆうゆう散歩』に出演していた。

  • 地井が2012年6月29日に死去したことを受け「彼(地井)が体調を崩して散歩を続けられないと聞いた時、いずれ彼が戻ってくるまで、僕に出来ることなら頑張ってみようと、番組をお引き受けしました。ゆっくり静養してもらおうと思っていたのに、まさかこんなことになるとは…大変ショックです」とその死を悼み[53]「これからは彼の分まで、彼に喜んでもらえるよう、散歩を頑張りたいと思っています」とコメントした[54]。また、2012年8月6日に東京で行われた地井のお別れの会に出席し「見ててくれよ。君よりも僕は頑張れるか分からんけど、大切にしたいものは君が遺した素晴らしい心。その足跡を多くの人に伝えていくことができたら、それが君への餞だと思う」と誓った[55]
  • 番組を引き受けるにあたって、地井に電話を入れ「君の視聴率を守れるか、それが一番心配だ」と漏らし、地井から「そんなこと言わないでください。大丈夫ですよ」と励まされた[56]。番組は好調なスタートとなり、再度地井に電話を入れ報告をしたところ、地井は「夏のロケは暑いですよ」と言い、加山は「まさにその通りだった」と語った[55]
  • 2015年7月25日、コンサートツアー「若大将EXPO 〜夢に向かって いま〜」の最終公演(NHKホール)前に会見を開き、9月で番組を終了することを明かした。前述の通りエコシップの建造に注力するため、収録時間の長いこの番組の終了を決断したという[13][14][15]。これを受けて、テレビ朝日サイドも「加山本人から番組卒業の申し入れがあり、了承した」との広報部のコメントを出した。
  • 番組終了後も、現在放送中の後番組『じゅん散歩』のスペシャル版『じゅん散歩デラックス』にて、同番組の散歩人を務める高田純次とこれまで2回共演している。

光進丸火災

2018年4月1日夜、静岡県賀茂郡西伊豆町の安良里(あらり)漁港に係留されていた3代目「光進丸」(104トン、全長25.59m)で火災が発生。当時加山はコンサートのため沖縄県に滞在しており船は無人であった[57][58][59][60]。3日午後、出火から約42時間後に鎮火したが[61]、4日午前、横に係留されていた作業船と一緒に横倒しになり、光進丸は大半が水没した[62]。9日に予定されていた加山の「ケネディハウス」での公演は開催が延期された[63]。火災の10日前の3月22日に、同船で最後となった写真が加山のアルバム『演歌の若大将〜Club光進丸』(6月27日発売)のために撮影されており、船内のバーで撮影された1枚がジャケット写真に使用されている[64]4月17日、船体の引き揚げ作業が開始され[65]、18日午後、クレーン船上に引き揚げられた[66]。20日、出火原因調査のため清水港に運ばれ[67]5月8日静岡県警や下田消防本部、下田海上保安部により船体の実況見分が行われたが[68]、船の内部の焼損が激しく、出火原因の特定には至らなかった[69]。火災後に光進丸の模型が無断で製造・販売されていることに対し、5月28日、オフィシャルサイトで注意を呼びかける[70][71]6月11日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日)に出演した際には、今回の火災が「人生のターニングポイント」だったと語り、また光進丸の引き揚げに携わったサルベージ船の名前が「幸神丸(こうしんまる)」であったこと、その偶然に驚くとともに「神様に抱かれて行ったんだ」という感慨を抱いたことを明かした[72]6月16日東京国際フォーラムで開催された第3回「ゴー!ゴー!若大将FESTIVAL」公演において、火災以来初めて、楽曲「光進丸」を公の場で歌った[73]

その他エピソード

  • 母方(祖父方)の高祖父は明治の元勲岩倉具視である。
  • 亀井久興(元衆院議員)・亜紀子(衆院議員)親子とは遠縁の親戚で、久興は曾祖叔母・森寛子(岩倉具視の五女)の曾孫で三いとこ、亜紀子は玄孫で三いとこ姪にあたる。
  • 1970年のパシフィックパークホテル倒産時には、最大23億円もの借金を抱え[74]、1個のを夫婦2人で分けあって、卵かけご飯を食べたという苦労も味わったが、10年がかりで返済した。
  • 1974年1月5日に、北海道の大和ルスツスキー場で雪上車にはねられて左肩を骨折し、1カ月の怪我を負った。
  • JR茅ケ崎駅南口から、かつて父:上原謙の私邸(つまり加山雄三の実家)があった場所を経て国道134号に通ずる神奈川県道310号茅ヶ崎停車場茅ヶ崎線は、「上原謙通り」と名付けられ、後に「(加山)雄三通り」と改称されている。なお「加山雄三通り」という曲も作られ、概略ながらこの道順が歌われていた。
  • その「雄三通り」と鉄砲道が交錯する「東海岸会館前交差点」付近に加山が2020年にデビュー60周年を迎えたことを記念して、茅ヶ崎市の東海岸商店会が『海 その愛』の歌詞と若き日の加山の肖像が描かれたモニュメントを製作して2021年4月に設置した[75]
  • 第21回参議院議員通常選挙の投票日であった2007年7月29日、東京銀座の山野楽器で、自身が「過去衆議院参議院ともに出馬要請が10回以上あった」と発言。「自分には向いてないね」とコメントしている[76]
  • 2015年日清食品グループどん兵衛の企画でYouTuberとして動画を発表していた。アカウント名は「どんばれ 加山雄Tuber」[77]
  • 2019年4月に運転免許証自主返納した。返納のきっかけの一つが趣味のテレビゲームで、プレイ中に反射神経の衰えを実感し、「運転が怖くなった」という[78]
  • DAIGOと19親等離れた親戚であり、千葉雄大と21親等離れた親戚でもある。
  • 愛用している腕時計はSEIKOクロノス(現在は廃番)である。

  1. ^ a b 加山雄三 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE(キネノート). キネマ旬報社. 2016年11月4日閲覧。 “本名・池端直亮。父は戦前から松竹で活躍した俳優の上原謙、母は女優の小桜葉子。”
  2. ^ a b c d e f g 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』190頁
  3. ^ WEB特集 加山雄三 “83歳の若大将” 復活秘話”. NHKニュース (2021年4月5日). 2021年6月9日閲覧。
  4. ^ このような事情もあり生地の横浜市を“出身地”とは言い難いため、「横浜市出身の人物」カテゴリではなく「神奈川県出身の人物」カテゴリに分類している。
  5. ^ 茅ヶ崎市民栄誉賞受賞者 茅ヶ崎市 更新日平成29年6月19日。2019年12月28日閲覧
  6. ^ a b 湘南讃歌 加山雄三、神奈川新聞社、2007年 P27、P28-40。2019年12月28日閲覧
  7. ^ 実質的な経営者は加山の叔父(母・小桜葉子の弟)・岩倉具憲で、加山と父・上原謙が共同オーナーとなった(2010年7月17日付けスポーツニッポン掲載「我が道・加山雄三」より)
  8. ^ 雪上車がすべり下敷き 加山雄三さん大けが『朝日新聞』1974年(昭和49年)1月6日、13版、15面
  9. ^ “若大将のスキー場、震災に勝てず閉鎖へ”. YOMIURI ONLINE. (201107-30). オリジナルの2012年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121203005436/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110730-OYT1T00097.htm?from=main6 2014年7月2日閲覧。 
  10. ^ “加山雄三さんに茅ケ崎市民栄誉賞”. asahi.com. (2010年5月19日). オリジナルの2010年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100521094025/http://www.asahi.com/showbiz/music/TKY201005190346.html 2014年7月2日閲覧。 
  11. ^ “芸術選奨、加山雄三さんら31人(1/2ページ)”. asahi.com. (2011年3月22日). オリジナルの2011年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110327203958/http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201103220280.html 2014年7月2日閲覧。 
  12. ^ 加山雄三Finalホールコンサートツアー
  13. ^ a b c “加山雄三、「ゆうゆう散歩」9月卒業 エコシップ作りに注力”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年7月25日). オリジナルの2015年7月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150727020541/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150725-OHT1T50122.html 2015年8月16日閲覧。 
  14. ^ a b “加山雄三、「若大将のゆうゆう散歩」を9月末で終了することを発表”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2015年7月25日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150725/geo15072518550025-n1.html 
  15. ^ a b “加山雄三 ラストツアー“完走”「ゆうゆう散歩」も卒業へ”. スポーツニッポン. (2015年7月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/07/26/kiji/K20150726010807030.html?feature=related 2015年9月5日閲覧。 
  16. ^ “秋の叙勲 加山雄三さんが受章”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2014年11月3日). オリジナルの2014年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141103033239/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141103/k10015897051000.html 2014年11月3日閲覧。 
  17. ^ 加山雄三、勲章は神棚に「感謝の気持ち」 日刊スポーツ 2016年1月3日閲覧
  18. ^ 加山雄三、桑田佳祐に祝福の電話「世界に誇れるアーティスト」 サンケイスポーツ 2016年1月3日閲覧
  19. ^ 桑田佳祐夫妻&山下達郎夫妻が主催した加山雄三80歳誕生会で、星野 源も涙M-ON! MUSIC 2017年4月28日
  20. ^ 加山雄三80歳を桑田夫妻、星野源らサプライズ祝福日刊スポーツ 2017年4月22日
  21. ^ “財団からのお知らせ”. 岩谷時子音楽文化振興財団. (2017年6月12日). http://www.iwatanitokiko.org/information/index.html 2017年6月15日閲覧。 
  22. ^ “加山雄三、軽い脳梗塞 緊急入院も早期発見で12月の復帰目指す”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年11月13日). https://hochi.news/articles/20191112-OHT1T50273.html 2019年11月20日閲覧。 
  23. ^ “脳梗塞発症の加山雄三が退院 後遺症や障害なく活動再開”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年11月20日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191120/geo19112015000018-n1.html 2019年11月20日閲覧。 
  24. ^ “加山雄三さんが入院”. 時事ドットコム (時事通信社). (2020年8月30日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020083000214&g=soc 2020年9月2日閲覧。 
  25. ^ a b “先月入院の加山雄三、軽度の「小脳出血」を起こしていた…当面は治療に専念”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年9月2日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200902/geo20090214580024-n1.html 2020年9月2日閲覧。 
  26. ^ 加山雄三に関するお知らせ”. 加山雄三 オフィシャルサイト. 2020年9月20日閲覧。
  27. ^ “加山雄三、9日に退院していた 体重6、7キロ減少も経過良好”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年11月20日). https://www.sanspo.com/geino/news/20201120/geo20112004000007-n1.html 2020年11月20日閲覧。 
  28. ^ 小倉智昭、番組ラストで加山雄三と対談 驚異の回復ぶりに「それが加山雄三」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年4月10日閲覧。
  29. ^ a b 湘南讃歌 加山雄三、神奈川新聞社、2007年 P47-48。2019年12月29日閲覧
  30. ^ 近代映画1967年1月号153頁より
  31. ^ “人生は夕方から楽しくなる:75歳「毎日が新しいスタート」加山雄三さん 毎日新聞 2013年02月15日 東京夕刊”. 毎日jp. (2013年2月15日). オリジナルの2013年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130514001424/http://mainichi.jp/select/news/20130215dde012070071000c.html 2014年7月2日閲覧。 
  32. ^ a b テレビ神奈川関内デビル』2017年11月29日放送での本人談
  33. ^ 加山雄三「ビートルズと一緒にすき焼きを食べた」の都市伝説に終止符!?”. テレビドガッチ (2018年9月12日). 2018年9月12日閲覧。
  34. ^ 徹子の部屋コンサート」出演を含めた換算。なお通常放送のみでは永六輔が39回でトップである。
  35. ^ 『徹子の部屋』40周年Anniversary Book、ぴあ、2015年、p38,52-59
  36. ^ 『徹子の部屋』40周年Anniversary Book、p108
  37. ^ “ももクロ玉井詩織、加山雄三から「若大将」受け継ぐ”. RBB TODAY (イード). (2015年9月24日). https://www.rbbtoday.com/article/2015/09/24/135428.html 2018年4月7日閲覧。 
  38. ^ “ももクロ玉井は加山雄三からギターもらったゼーット!!”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年4月4日). オリジナルの2016年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160404074310/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160404-OHT1T50062.html 2018年4月7日閲覧。 
  39. ^ 加山雄三氏、ゴーストライター疑惑を否定 所属事務所がコメント,ORICON STYLE,2016年9月20日
  40. ^ 加山雄三がかつてTVで「ウンコチンチン!」と叫んだ深い理由 NEWSポストセブン 2014年4月29日
  41. ^ スタジオパークからこんにちは スタジオパーク最終回スペシャル [終],goo
  42. ^ 2011年11月30日朝日新聞朝刊15面「リレーおぴにおん ゲームのお作法4 俳優 加山雄三」より。
  43. ^ フジテレビ系「MUSIC FAIR」2011年6月18日放送より
  44. ^ PlayStation Awards 2001、400万枚突破「ドラゴンクエストVII」USER GRAND PRIXは「ファイナルファンタジーIX」が5部門制覇”. インプレス GAME Watch (2001年6月11日). 2016年6月21日閲覧。
  45. ^ “「81歳でバイオハザード」加山雄三、“ガチゲーマーぶり”を明かす”. 日刊大衆 (双葉社). (2018年9月18日). https://taishu.jp/articles/-/61075?page=1 2018年9月19日閲覧。 
  46. ^ ファミ通 1996年3月29日号
  47. ^ 加山雄三が持つ筋金入りの“ゲーム愛””. デイリースポーツオンライン (2014年11月16日). 2016年6月21日閲覧。
  48. ^ 2009年2月15日『からくりTV』「鈴木史朗ゲームが得意」それってホント?、2009年3月16日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』では、両者がこのゲームをはまっていることと、『バイオハザード5』を遊んでいることが紹介されている。
  49. ^ 活力のあるシニアが新時代を作る インタビュー 鈴木史朗さん”. タブ・ハウス. 2016年6月21日閲覧。
  50. ^ a b 2012年1月26日朝日新聞40面「バイオハザード リベレーションズ」加山雄三と共に広告宣伝。
  51. ^ 祝・発売!”. CAPCOM:バイオハザード リベレーションズ 公式サイト|LOG BOOK[キース竹中の開発日誌] (2012年1月26日). 2016年6月21日閲覧。
  52. ^ フジテレビの時代劇江戸の旋風』で共演した。
  53. ^ “「ちい散歩」天国でも…地井武男さん死去(2/2ページ)”. SANSPO.COM. (2012年6月30日). オリジナルの2012年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120703063543/http://www.sanspo.com/geino/news/20120630/oth12063005060010-n2.html 2014年7月2日閲覧。 
  54. ^ “「ちい散歩」後継・加山雄三、地井武男さん逝去にコメント…「彼に喜んでもらえるよう、散歩を頑張る」”. シネマトゥディ. (2012年6月29日). オリジナルの2013年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130605123228/http://www.cinematoday.jp/page/N0043583 2014年7月2日閲覧。 
  55. ^ a b “加山雄三 : 地井さんにはなむけ「君が遺した素晴らしい心伝えたい」”. MANTANWEB. (2012年8月6日). オリジナルの2012年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120808201058/http://mantan-web.jp/2012/08/06/20120806dog00m200016000c.html 2014年7月2日閲覧。 
  56. ^ “加山雄三 地井さんに弱音「視聴率守れるか一番心配」”. Sponichi Annex. (2012年8月6日). オリジナルの2012年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120808005249/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/06/kiji/K20120806003848450.html 2014年7月2日閲覧。 
  57. ^ “加山雄三さんの船「光進丸」、炎上 静岡・西伊豆町”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年4月2日). https://www.asahi.com/articles/ASL417H85L41UTPB00V.html 2018年4月2日閲覧。 
  58. ^ “加山さん「光進丸」炎上 西伊豆の安良里漁港”. 静岡新聞. (2018年4月2日). http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/474379.html 2018年4月2日閲覧。 
  59. ^ “西伊豆・船炎上 加山雄三さん「光進丸」 海保が消火作業”. 毎日新聞. (2018年4月2日). https://mainichi.jp/articles/20180402/k00/00m/040/133000c 2018年4月2日閲覧。 
  60. ^ “加山雄三「光進丸」炎上、自ら設計の3代目 本人は沖縄公演中”. スポーツニッポン. (2018年4月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/02/kiji/20180402s00041000104000c.html 2018年4月2日閲覧。 
  61. ^ “加山雄三の光進丸が鎮火 火災は電気系統トラブルか”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年4月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804040000082.html 2018年4月4日閲覧。 
  62. ^ “加山雄三の船水没 作業船と横倒し、1人を救助”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年4月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804040000352.html 2018年4月4日閲覧。 
  63. ^ “愛した「光進丸」炎上 加山雄三が公演延期を発表「近いうちに元気な姿を」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年4月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2109155/full/ 2018年4月7日閲覧。 
  64. ^ “加山雄三 火災10日前に撮影 「光進丸」での最後の写真がCDジャケ写に”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年4月11日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/11/0011152946.shtml 2018年4月11日閲覧。 
  65. ^ “光進丸引き揚げ開始 西伊豆、県警など原因調査へ”. 静岡新聞アットエス (静岡新聞社・静岡放送). (2018年4月18日). http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/480272.html 2018年4月18日閲覧。 
  66. ^ “加山雄三の船引き揚げ、静岡伊豆で全焼水没の光進丸”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年4月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804180000670.html 2018年4月18日閲覧。 
  67. ^ “加山雄三さん船火災:全焼の光進丸、清水港に到着”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年4月21日). https://mainichi.jp/articles/20180421/ddl/k22/040/197000c 2018年4月21日閲覧。 
  68. ^ “光進丸、実況見分 出火原因特定急ぐ 静岡県警など”. 静岡新聞アットエス (静岡新聞社・静岡放送). (2018年5月8日). http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/487639.html 2018年5月8日閲覧。 
  69. ^ “光進丸出火原因 特定に至らず 下田署、近く解体処分”. 静岡新聞アットエス (静岡新聞社・静岡放送). (2018年5月9日). http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/487910.html 2018年5月9日閲覧。 
  70. ^ “加山雄三 「光進丸」の模型が無断で製造・販売と注意呼びかける…業者の情報提供も”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年5月29日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/29/0011305101.shtml 2018年5月30日閲覧。 
  71. ^ 最新情報|『光進丸』模型販売について緊急のお知らせ”. 加山雄三 オフィシャルサイト (2018年5月28日). 2018年5月30日閲覧。
  72. ^ “加山雄三、愛船・光進丸炎上は「人生のターニングポイント」胸中激白”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年6月11日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180611-OHT1T50095.html 2018年6月11日閲覧。 
  73. ^ “加山雄三、火災で失って以来初めて「光進丸」を公の場で熱唱”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年6月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180616/geo18061619590024-n1.html 2018年6月16日閲覧。 
  74. ^ ホテル自体は会社更生法が適用されおよそ17億円で売却された。その後ホテルは別の経営陣により1988年まで営業が続けられた(2010年7月17日付スポーツニッポン掲載「我が道・加山雄三」より)。
  75. ^ "デビュー60周年記念!加山雄三モニュメントが完成!". ちがさきナビ 観光情報. 茅ヶ崎市観光協会. 9 April 2021. 2021年4月25日閲覧
  76. ^ スポーツニッポン 2007年7月30日 芸能面記事より。
  77. ^ どんばれ 加山雄Tube - YouTubeチャンネル
  78. ^ 稲垣千駿 (2019年9月16日). “加山雄三さんが免許返納 テレビゲームで「衰え実感」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASM9J5FWTM9JUTIL00S.html 2019年9月16日閲覧。 
  79. ^ 加山雄三『終わりなき航路 加山雄三の人生』世界文化社、2000年、p184。
  80. ^ NHK総合 ファミリーヒストリー 「加山雄三~父の運命を変えた列車事故 若大将の真実~」
  81. ^ 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』197-198頁
  82. ^ “加山雄三がジュマンジ参戦に「幸せだなあ」、脳梗塞は「消えちゃった」”. 映画ナタリー. (2019年12月4日). https://natalie.mu/eiga/news/358072 2019年12月26日閲覧。 
  83. ^ 加山雄三、15年ぶり演技に感慨 斬られ役に初挑戦”. ORICON STYLE (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  84. ^ 若大将50年!加山雄三50周年記念特設サイト(2014年4月18日時点のアーカイブ


「加山雄三」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「加山雄三」の関連用語

加山雄三のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



加山雄三のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加山雄三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS