光文社新書 光文社新書の概要

光文社新書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/03 14:09 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

2001年(平成13年)10月に創刊された[1]。 キャッチコピーは「知は、現場にある」。30歳代の男性をメインターゲットに想定している。創刊に際しては、「ビジネスでも、研究開発でも、美術でも、本質的な課題を打ち破る解決策は、常に現場にある。その現場にスポットライトを当てることで、新しい知恵や知識のありさまを探ることができる。正しい知識を与えたり、合理的な考え方を教えたりするのではなく、本物の『知』を提供していく教養新書を目指したい」という言葉が発せられた[2]

装丁は、香港のデザイナーアラン・チャン(Alan Chan、陳 幼堅)による[2]

創刊ラインナップ

創刊ラインナップは次のとおり[2]

  1. Zカー(片山豊・財部誠一)
  2. 本格焼酎を愉しむ(田崎真也
  3. タリバン(田中宇
  4. 駅弁大会(京王百貨店駅弁チーム)
  5. チラシで読む日本経済(澤田求)
  6. 東京広尾アロマフレスカの厨房から(原田慎次・浅妻千映子)
  7. 思い通りの家を造る(林望
  8. DV 殴らずにはいられない男たち(豊田正義
  9. ビジネス英語を速く読む(古藤晃
  10. 怪文書(六角弘)

ベストセラー

主なベストセラーは以下の通り。

関連項目

脚注




「光文社新書」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「光文社新書」の関連用語

光文社新書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



光文社新書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの光文社新書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS