黄水とは?

Weblio 辞書 > 工学 > スラグ用語 > 黄水の意味・解説 

おう ずい わう- [0] 【黄水】

〔「おうすい」とも〕
胃から吐きもどす、胆汁のまじった黄色い液。きみず。

き みず -みづ [1] 【黄水】

おうずい(黄水)


黄水

読み方おうすい
【英】:yellow water leached from air-cooled blast furnace slag

高炉徐冷スラグ中のCaS酸化して安定なCaSO4に変化する過程多硫化カルシウムCaSxが生成する。このCaSxはに容易に溶け黄色呈する。この黄色をした高炉スラグからの溶出を黄水という。なお、高炉徐冷スラグ製品出荷前にエージング処理を充分行い、黄水の発生のないことが確認された後に出荷されている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄水」の関連用語

黄水のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黄水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2020 Nippon Slag Association All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS