馬芹とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > 馬芹の意味・解説 

馬芹


馬芹

読み方:ウマゼリ(umazeri)

狐牡丹田芥子当帰蕺草藪人参鎧草別称


馬芹


馬芹

読み方:ウマゼリ(umazeri)

ドクゼリ別称
セリ科抽水性多年草薬用植物

学名 Cicuta virosa


馬芹

読み方:ウマゼリ(umazeri)

ノダケ別称
セリ科多年草薬用植物

学名 Angelica decursiva


クミン

(馬芹 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/11 06:42 UTC 版)

クミン英語: cumin[2]、学名:Cuminum cyminum)は、セリ科一年生草本である。中東から東はインドまでひろがる地域に自生する[3]種子クミン・シード)に強い芳香とほろ苦み、辛みがあり、香辛料として用いられる。一般には種子と呼ばれているが、植物学上は果実である[4]。クミンは伝統医学において役に立つと考えられているものの、医薬品として安全または有効性があるとする質の高いエビデンスは存在しない[5][6]




  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “クミン”. BG Plants 和名-学名インデックス. 2019年6月30日閲覧。
  2. ^ [ˈkjuːmɪn]イギリス [ˈkʌmɪn]アメリカ [ˈkmɪn]
  3. ^ Boning, Charles R. (2010). Florida's Best Herbs and Spices: Native and Exotic Plants grown for Scent and Flavor (1st ed.). Sarasota, Fla.: Pineapple Press. p. 79. ISBN 978-1-56164-453-7. https://books.google.com/books?id=uTIoxgzULJcC&pg=PA2&lpg=PA2&dq=isbn+978-1-56164-453-7&q=cumin. 
  4. ^ a b c サンティッチ,ブライアント 2010, p. 283.
  5. ^ Cumin”. Drugs.com (2018年). 2018年2月24日閲覧。
  6. ^ クミン - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所
  7. ^ 福田一郎「64.ネパールの香辛料に関する研究」『紀要論文』第34巻第3号、東京女子大学、1984年、 741-762頁、 NAID 110005999464
  8. ^ 武政 1997, pp. 73-75.
  9. ^ フリーマン 2009, pp. 61-62.
  10. ^ クミン/Cuminエスビー食品 スパイス&ハーブ検索 2015年5月9日閲覧
  11. ^ 武政二郎, 横井川久己男、「クミンの腸管出血性大腸菌O157によるべロ毒素産生の抑制の解析」『日本食品保蔵科学会誌』 2012年 38巻 4号 p.217-223, NAID 10030964095, 日本食品保蔵科学会
  12. ^ 原田晋, 松永亜紀子, 宮地里江子, 正木太朗, 森山達哉、「セリ科スパイスアレルギーの2例」『アレルギー』 2007年 56巻 12号 p.1515-1521, doi:10.15036/arerugi.56.1515, 日本アレルギー学会


「クミン」の続きの解説一覧



馬芹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬芹」の関連用語

1
32% |||||

2
4% |||||

馬芹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



馬芹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクミン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS