馬糞紙とは?

Weblio 辞書 > 方言 > 鳥取弁 > 馬糞紙の意味・解説 

ば ふんし [2] 【馬糞紙】

わら)などを原料とした、黄色くかたいボール紙

ばふんし【馬糞紙】

品詞名詞
標準語ボール紙
用例》「明日工作時間があるけ、馬糞紙を一枚わて持って来るやあに」(明日工作時間があるから、ボール紙一枚ずつ持って来るように)。

黄ボール

(馬糞紙 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/29 14:10 UTC 版)

黄ボール(きボール)は板紙の一種で、本来は稲わらや麦わらを原料とした板紙であるが、近年は古紙パルプに黄色の染料を使い着色した物がある。黄板黄板紙とも呼ばれる。




「黄ボール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬糞紙」の関連用語

1
58% |||||

2
18% |||||

3
14% |||||

馬糞紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



馬糞紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2019 gonbe007
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄ボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS