革砥とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > > 革砥の意味・解説 

かわ と かは- [0] 【革砥

剃刀かみそり)などをとぐのに使う革。

革砥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/06 19:38 UTC 版)

革砥(かわと、: strop)とは、剃刀ナイフなどの刃物の研磨やその仕上げに使われる、表面を滑らかにした細長い帯状の革あるいは革を細長い長方形の板に貼り付けたものである。なお、英語での"strop"は革を使ったものに限定されず、布砥やペーストを塗って刃物の研磨に使うバルサ材なども包括している。[1]


注釈

  1. ^ OEDの用例では更に古い1704年の"Post Man"という新聞で"Strops for setting Razors, Pen-knives, &c. upon."というのが挙げられているので、厳密に言えばパックウッド以前にも既にstropと呼ばれる剃刀の研磨用の道具は存在している。https://www.oed.com/ Oxford English Dictionary (on-line版)]の"strop"の項の用例参照。
  2. ^ James Maidment, The Court of Session Garland, Thomas G. Stevenson (1839)のP.85に”The Barber's Song. Packwood's paste, Sir, and Strop,"とあることからペーストが一緒に売られていたことは明らか。また同書のP.88に"Who can trust his mucilage, Trust his leather never crack would,"とあることから、革を使用していることも明らか。
  3. ^ パックウッドは自分の発明した革砥とペーストを新聞などで盛んに広告し、コマーシャルソングまで作っている。イギリスにおいて最初に日用品の広告を行った人として知られている[5]。またSheffield社のストレートレザーがPackwoodブランドで販売されたものが、現在でも残っており{eBay等のオークションサイトで出品されている。例えば、”Rare Packwood Sheffield Straight Razor Unique Ornate Scales Hamon Antique Blade" https://www.ebay.ie/itm/Rare-Packwood-Sheffield-Straight-Razor-Unique-Ornate-Scales-Hamon-Antique-Blade-/161837351882 2019年8月20日閲覧。)、両者がストレートレザーの普及において協力関係にあったことは明らかである。
  4. ^ 欧米では日本のように刃物全般を砥石を使って研ぐということは21世紀の現在でも一般的ではない。[6]
  5. ^ このタイプの革砥はズボン用ベルトによく似ており、原型は革のベルトが木材に革を貼った革砥の代用品として使われた所から広まった可能性がある[要出典]。尚、1911年のUSパテント986,398にこの形の革砥が登場しているが、これが最初のものかどうかは不明[7]
  6. ^ いわゆるブッシュクラフトにおいて、ナイフが必須の道具として扱われているためと思われる[8]
  7. ^ 特に、エイズ(AIDS・後天性免疫不全症候群)が血液を通じて感染するということで、剃刀の使い回しが問題視されるようになった。現行の理容師法の施行規則では、血液が付着する可能性が高いかみそりについては、次の3つの方法のどれかで消毒を行わなければならないよう定められている。 イ 沸騰後二分間以上煮沸する方法 ロ エタノール水溶液(エタノールが七十六・九パーセント以上八十一・四パーセント以下である水溶液をいう。次号ニにおいて同じ。)中に十分間以上浸す方法 ハ 次亜塩素酸ナトリウムが〇・一パーセント以上である水溶液中に十分間以上浸す方法
  8. ^ 個人サイト(The Straight Razor Strop Guide - Sharpologist[信頼性要検証])によれば、革砥の材料として、主要なものとして(1)牛革(2)人工皮革(3)水牛革(4)カンガルー革(5)コードバン(6)ラティーゴ(牛革をタンニンなめしし、オイルやグリースを加えたオイルレザー)(7)ブライドルレザー が挙げられ、副次的なものとして(1)リネン(2)綿布(3)帆布(4)フェルト(5)ナイロン(6)その他 が挙げられている。この他、革砥の代用品としては新聞紙も用いられる。また、Napoleon Le Blanc編の"Essay on Barber's Razors, Razor Hones, Razor Strops and Razor Honing .."(1893年出版)という理髪店用品の広告を集めた本では、かつては鮫皮の革砥も広く使われていたことが確認できる。鮫皮と呼ばれて市販されているものは実際はエイの革であり、主成分はエナメル質で旧モース硬度は7ぐらいあるため、刃物を研ぐことは十分可能と思われる[要出典]
  9. ^ 以上の文書で「現在」は特に注記しない限り2019年4月時点を指す。
  10. ^ ペースト状のもの、または固形のもの(青棒、白棒、赤棒という名称で、油脂材料に酸化クロム(III)アルミナ人造ダイヤモンドなどの研磨成分を練りこんで棒状に加工したもの)。
  11. ^ 人造砥石の砥粒に使われるカーボランダムアルミナの旧モース硬度は8で刃物より硬い。
  12. ^ メーカーによっては、コードバンの革砥、牛革の革砥、布砥をセットで提供している場合もある[14]

出典

  1. ^ Oxford English Dictionary (on-line版)の"strop"の項の説明による。
  2. ^ George Packwood: An Exclusive Look at the Razor Strop King”. Eighteenth-Century England. ミシガン大学 (2001年8月10日). 2019年8月13日閲覧。
  3. ^ Mr Geo. Packwood”. 大英博物館. 2019年8月13日閲覧。
  4. ^ en:Razor[出典無効]
  5. ^ The CCE Advertiser #1 in advertising news (ミシガン大学の学生による初期の英語での広告の研究ページ)http://umich.edu/~ece/student_projects/advertising/packwoodmiddle.htm 2019年8月20日閲覧。
  6. ^ 欧米の刃物と日本の刃物の根本的な違い”. 日本橋木屋 (2013年6月9日). 2019年8月13日閲覧。
  7. ^ https://patentimages.storage.googleapis.com/de/d7/ab/ce0eb210ca3b7d/US986398.pdf
  8. ^ 山秀ブログ(ナイフ店山秀のブログ)ブッシュクラフト ナイフ http://knife.yamahide.info/221 2019年8月21日閲覧。
  9. ^ ラップ仕上『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』 - コトバンク. 2019年8月15日閲覧。
  10. ^ 以下に記載の貝印のサイトや電子顕微鏡での観察のサイトを参照。
  11. ^ 04 研磨 カミソリの製造工程”. KAI FACTORY. 貝印. 2019年8月13日閲覧。
  12. ^ [1]
  13. ^ What does stropping do?”. scienceofsharp (2014年8月13日). 2019年8月13日閲覧。[信頼性要検証]
  14. ^ 叶山革砥 So-netブログ”. 髭剃りの友 (2015年6月19日). 2019年8月13日閲覧。[信頼性要検証]
  15. ^ de:Streichriemen[出典無効]


「革砥」の続きの解説一覧



革砥と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「革砥」の関連用語

革砥のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



革砥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの革砥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS