連ねるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 連ねるの意味・解説 

つら・ねる【連ねる/列ねる】

[動ナ下一][文]つら・ぬ[ナ下二

1列に、また順番並べる。「軒を—・ねる家々」「翼を—・ねて飛ぶ」

関係者一人として仲間に入る。その団体一員として加わる。「名簿に名を—・ねる」

つなぎ続ける。次から次に言う。「美辞麗句を—・ねる」

並べる[用法]


つら・ねる【連・列】

1 〔自ナ下一〕 [文]つら・ぬ 〔自ナ下二

一列にならぶ。つらなる

新撰字鏡(898‐901頃)「行々 奈良布 又豆良奴」

② つれになる。つれだつ

*竹取(9C末‐10C初)「をとこども六人つらねて庭に出できたり」

2 〔他ナ下一〕 [文]つら・ぬ 〔他ナ下二

① 列をつくる。ならべつづける。

観智院三宝絵(984)下「臈の次にまかせて座をつらね」

② 伴う。ひきつれる

源氏100114頃)空蝉老人、これをつらねてありきけると思ひて」

③ つづかせる。つなぐ。次々とする。連続させる。

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)六「盛り音楽を陳(ツラ)ね」

あわせて一つにする

(5) 及ぼす。

(6) ことばをならべる。詩歌をよむ。

梵舜沙石集(1283)五末「心は池の上に、月のやどりたるやうを、つらぬべし」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「連ねる」の関連用語

連ねるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



連ねるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS