身に余るとは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 慣用句 > 社会・風俗 > > 身に余るの意味・解説 

身に余る

読み方:みにあまる

処遇評価、あるいは役割などが、過度であり自分にはふさわしくないと思われるさま。例えば、大変嬉しいさまを「身に余る光栄」などという。

身(み)に余(あま)・る

処遇自分身分業績を超えてよすぎる。過分である。身に過ぎる。「—・るお言葉」「—・る光栄

与えられた仕事責任自分能力比べて重すぎる。「—・る大役




身に余ると同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「身に余る」の関連用語

身に余るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



身に余るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS