老中奉書とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > 奉書 > 老中奉書の意味・解説 

老中奉書

読み方:ロウジュウホウショ(roujuuhousho)

江戸幕府老中が、将軍の上意を奉じて出し奉書


老中奉書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/10 14:48 UTC 版)

老中奉書(ろうじゅうほうしょ)は、日本の文書形式。江戸時代において江戸幕府老中が将軍の命を奉じて発給する伝達文書で、奉書加判は老中の主要な職務であった。但し、大老および大政参与は加判を免除されている。また、老中格では署名を行わない[1]


[ヘルプ]
  1. ^ 井上英紀「老中格(老中並)就任者に関する一考察」(『駒澤大学大学院史学論集』36号) 駒澤大学大学院史学会 2006年4月


「老中奉書」の続きの解説一覧



老中奉書と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「老中奉書」の関連用語

老中奉書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



老中奉書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの老中奉書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS