粒形判定実積率とは?

Weblio 辞書 > 工学 > スラグ用語 > 粒形判定実積率の意味・解説 

粒形判定実積率

読み方りゅうけいはんていじっせきりつ
【英】:solid volume percentage for shape determination

砕石砕砂の粒形を判定するためのもので、特定の粒度試料について求め実積率である。JIS A 5005(コンクリート用砕石)では砕石については、20~10mm 24kgと10~5mm 16kgを混合したもの、また砕砂については2.5~1.2mmのものを試料とし、それぞれ55%以上、53%以上と規定されている。

粒形判定実積率

コンクリ-ト用砕石では、2005を用い5mm留まり10mmを通過する試料16kg、10mmに留まり20mmを通過する試料24kg採取し、これをよく混合した試料用いて求め実積率の事(規定値は55%以上)。また、砕砂では、十分に水洗いした試料を絶乾状態にし、1.2mmに留まり2.5mmを通過する試料実積率の事(規定値は53%以上)。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

粒形判定実積率のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



粒形判定実積率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2019 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2019 住友大阪セメント All rights reserved.

©2019 Weblio RSS