竈の神とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > > 竈の神の意味・解説 

かま‐の‐かみ【×竈の神】


かま【竈】 の 神(かみ)

① かまどを守る神。奥津日子神(おきつひこのかみ)、奥津比売命(おきつひめのみこと)の二神後世仏説とまざって三宝荒神(さんぽうこうじん)ともいう。かまがみかまどの神。《季・冬

古事記(712)上「奥津日子(おきつひこの)神、次に奥津比売(おきつひめの)命、亦の名は大戸比売(おほべひめの)神、此(こ)は諸人の以ち拝(いつ)く竈神(かまのかみ)ぞ」

*虎明本狂言栗焼室町末‐近世初)「老人老女夫婦(ふうふ)来り給ひて、『われはこれかまのかみ三十四人父母(ちちはは)なり』」

② 妻の異称

随筆随意録(1829)四「俚語、呼妻曰竈神(カマノかみ)、是有由也」


かまど【竈】 の 神(かみ)

=かま(竈)の神①〔拾芥抄1314C)〕

大つごもり(1894)〈樋口一葉〉下「兄上捧げて竈(カマド)の神(カミ)の一本我が託宣聞く心ならば」




竈の神と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竈の神」の関連用語

竈の神のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



竈の神のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS