猫土台とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 建築用語 > 猫土台の意味・解説 

猫土台

【用  語】猫土台
よみがなねこどだい
【意  味】
 基礎立ち上がり土台の間に挟む物で、直接土台基礎立ち上がり部に触れさせずに浮かせることで、土台腐朽防止床下換気効率よくする工法厚さ2~3cmの木材モルタル柱下大引取合い箇所に@900前後に入れる。最近では樹脂製や金属製の既製品を使うのが一般的です。別名基礎パッキンとして知られている。
 

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「猫土台」の関連用語

猫土台のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



猫土台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2019 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2019 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.

©2019 Weblio RSS