状況分析とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 広告用語 > 状況分析の意味・解説 

状況分析 situational analysis

マーケティング・リサーチにおいては新たな市場機会既存市場での成長機会(opportunity)および脅威threat)となる原因発見すること(→SWOT)をいう。一方広告計画においては広告主が現在直面している市場についての情報消費者利用者についての情報商品についての情報競争相手活動についての情報分析し、把握することをさす。

状況分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/26 08:53 UTC 版)

状況分析: situational analysis)とは、ポストモダン的転回を考慮した新しいグラウンデッド・セオリーのことである。伝統的な社会的世界理論が、シブタニの「パースペクティブとしての準拠集団」論文をルーツとする、ストラウス(A.L. Strauss)流派のグラウンデッド・セオリーを基盤としていたのに対し、ここでは構造的条件を特定するようなグラウンデッド・セオリーを取り入れている。この状況分析では、状況の条件は状況の中にあり、文脈のようなものはないとされる。具体的には、経験的問いに答える三つのマップを作りながら研究者を巻き込む。




「状況分析」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「状況分析」の関連用語

状況分析のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



状況分析のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2021 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの状況分析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS