溶岩泉とは? わかりやすく解説

溶岩泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 04:07 UTC 版)

キラウエアイキ火口」の記事における「溶岩泉」の解説

11月17日には溶岩噴泉6080メートル吹き上がり、時々180メートルの高さにもなった。11月18日には、溶岩噴泉320メートルにまでなった。11月21日には、割れ目あたりの火口湖深さが1メートルになり、湖面の波が湖岸来て、まるで海岸の波のようになったこの日7時25分には溶岩噴泉210メートルになり、40以内毎にガスの泡が沸き起こった。溶岩泉が580メートルの高さになったこともあった。

※この「溶岩泉」の解説は、「キラウエアイキ火口」の解説の一部です。
「溶岩泉」を含む「キラウエアイキ火口」の記事については、「キラウエアイキ火口」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「溶岩泉」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

溶岩泉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



溶岩泉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキラウエアイキ火口 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS