津波観測計とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 津波観測計の意味・解説 

津波観測計

読み方:つなみかんそくけい

津波規模潮位観測するための装置のこと。超音波使用して海面の高さを観測するもの。

津波観測計は海面の上方から海面向けて超音波を発し、反射波が返ってくる速度によって海面位置計測する。水面の高さが超音波発信機を超える巨大津波計測できないため、「巨大津波観測計」と呼ばれる装置併設される。

巨大津波観測計は、水圧センサー用いて津波到来した際の水圧を測り、その値をもとに津波の高さを計算する。巨大津波観測計内陸設置されることも多い。

気象庁は、日本全国海岸70数ヵ所に、津波観測計・巨大津波計を設置し、潮位津波状況把握などに利用している。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「津波観測計」の関連用語

津波観測計のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



津波観測計のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS