撓うとは?

しな・う〔しなふ〕【×撓う】

[動ワ五(ハ四)]

弾力があって、折れず柔らかに曲がる。たわむ。しなる。「本の重さ棚板が—・う」「よく—・うからだ」

従う。順応する。

に—・うて渡せや渡せ」〈平家・四〉

なよなよとする。

「うち—・ひ寄りてそ妹はたはれてありける」〈万・一七三八〉

[用法] しなう・たわむ——「撓」の字が共通して当てられるように、「がしなう(たわむ)ほど実がなっている」など、ゆるやかに弧を描く意では相通じて用いられる。◇「しなう」は弾力があって復元し易い状態をいい、「よくしなうからだ」「むちをしなわせて脅(おど)かす」などと用いる。◇「たわむ」は重さや力に耐えられなくて曲がっている状態をいう。「本の重みで床がたわむ」また、「たわむことなく我が道を行く」のように、気力おとろえるの意で使うことがある。この意は「しなう」にはない。


しな・う しなふ 【撓】

1 〔自ワ五(ハ四)〕

弾力があって、たわみまがる。草木などがしなやかにまがる。しなしなとする。また比喩的に、人の姿や物の形などがしなやかな曲線をなす。しなえる。しなる。

万葉(8C後)三・二九一「真木の之奈布(シナフ)背の山賞(しの)はずて吾が越え行けば木の葉知りけむ」

② さからわないで、ものに従う。順応する。しなえる

平家13C前)四「にしなうて渡せや渡せ」

生気を失ってしおれる。しぼむ。

良寛歌(1835頃)「旅人はそれを 見るからに し萎(ナ)ひうらぶれ」

2 〔自ハ下二〕 ⇒しなえる(撓)



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「撓う」の関連用語

撓うのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



撓うのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS