拠りどころとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 拠りどころの意味・解説 

より‐どころ【拠り所/拠】

頼みするところ支えてくれるもの。「心の—」「生活の—を求める」

ある物事成り立つもとになるもの。根拠。「判断の—を明らかにする


より‐どころ【拠所・拠】

〔名〕

① たよりとするところ支えになるもの。身を寄せる所。よるべ。

書紀720推古一二四月岩崎本訓)「四の生(むまれ)の終帰(ヨリトコロ)、の国の極めの宗なり」

成り立つもとになるもの。基づく所。根拠

*百法顕幽抄平安中期点(900頃)「何れの教の拠(ヨリトコロ)か有る

連歌俳諧で、前句の詞や物に関係のあること。また、その語句寄り合い

撃蒙抄(1358)「きさらぎの別は鶴のはやしにて よるなくなみだ月ぞかすめる事なきやうなれどもによるなく詞、より所あり」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「拠りどころ」の関連用語

拠りどころのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



拠りどころのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS