打抜きとは?

Weblio 辞書 > 工学 > メンテナンス用語 > 打抜きの意味・解説 

うち ぬき [0] 【打(ち)抜き】

板金厚紙などに型を当て強く打ち,その型どおりに抜くこと。
境界取り除くこと。 「八畳間二つを-にした宴会場
芝居大道具で,樹木建物などにかたどったもの。
包み隠さないこと。正直。 「 -の実事はかくいてもかくれなし浮世草子男色十寸鏡


打抜き

【英】blanking

パンチダイス用いて大きな板材から種々の輪郭形状の素板(ブランク)をせん断加工する方法逆に種々の輪郭形状の孔をあけるせん断加工を孔あけ(パンチング)と呼ぶ。
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

打抜きに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「打抜き」の関連用語

打抜きのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山口恵梨子

サイクルサッカー

髙張広海

misora

石鎚国定公園

正法寺川北沢第七号石堰堤

縦落ち

黒米





打抜きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved

©2017 Weblio RSS