形状記憶樹脂とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 樹脂 > 形状記憶樹脂の意味・解説 

形状記憶樹脂

一度変形させた材料加熱すると、その材料変形前の元の形状に完全に戻って しまう現象示し、かつ実用的温度領域でこの現象観察される樹脂

合成樹脂

(形状記憶樹脂 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 01:46 UTC 版)

合成樹脂(ごうせいじゅし、: synthetic resin)とは、人為的に製造された、高分子化合物からなる物質を指す。合成でない天然樹脂には植物から採ったロジンや天然ゴム等があり、鉱物質ではアスファルトが代表例である。合成樹脂から紡糸された繊維は合成繊維と呼ばれ、合成樹脂は可塑性を持つものが多い。




  1. ^ 桑嶋幹・木原伸浩・工藤保広著、『プラスチックの仕組みとはたらき』、秀和システム、2005年7月11日第1版第1刷発行、ISBN 4798011088
  2. ^ 斉藤勝裕著、『へんなプラスチック、すごいプラスチック』、技術評論社、2011年5月25日第1版第1刷発行、ISBN 9784774146478
  3. ^ 入江正浩「形状記憶樹脂 (PDF) 」 、『色材協会誌』第63巻第6号、1990年、 353-359頁。
  4. ^ 入江正浩. "形状記憶ポリマーの開発と応用,(1989), 1." シーエムシー.
  5. ^ http://www.youtube.com/watch?v=jWMbKqMsjlQ
  6. ^ Dautel, Susan L. "Transoceanic Trash: International and United States Strategies for the Great Pacific Garbage Patch," 3 Golden Gate U. Envtl. L.J. 181 (2009)
  7. ^ http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=68541809
  8. ^ 太平洋ゴミベルト:プラスチックの濃縮スープとなった海(動画)”. 2014年11月10日閲覧。
  9. ^ DOWAエコシステム 環境ソリューション室 森田 (2018年7月2日). “そうだったのか!マイクロプラスチック問題とは?(1)”. 2019年2月24日閲覧。
  10. ^ ナショナル ジオグラフィック (2018年10月24日). “人体にマイクロプラスチック、初の報告”. 2019年2月24日閲覧。


「合成樹脂」の続きの解説一覧



形状記憶樹脂と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「形状記憶樹脂」の関連用語

形状記憶樹脂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



形状記憶樹脂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2019 (有)イーマテリアル
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合成樹脂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS