当風とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 風俗 > 当風の意味・解説 

とう‐ふう〔タウ‐〕【当風】

[名・形動ナリ今の世流行していること。また、そのさま。当世風今風

白き帷子(かたびら)に黒き帯の結び目を—に味はやれども」〈浮・五人女・二〉


とう‐ふう タウ‥ 【当風】

〔名〕 (形動今の世流行していること。また、そのさま。現代風。〔日葡辞書(1603‐04)〕

浮世草子好色五人女(1686)二「白き帷子黒き帯のむすびめを当風(タウフウ)にあぢはやれども」




当風と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「当風」の関連用語

当風のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



当風のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS