国鉄180形蒸気機関車とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > 列車 > 国鉄・JRの車両形式 > 国鉄180形蒸気機関車の意味・解説 

国鉄180形蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/05 10:37 UTC 版)

180形は、かつて日本国有鉄道の前身である鉄道院に在籍したタンク式蒸気機関車である。もとは、1900年(明治33年)に、徳島鉄道愛知県熱田にあった鉄道車輛製造所から購入したもので、1907年(明治40年)に鉄道国有法による買収により国有鉄道籍を得たものである。






「国鉄180形蒸気機関車」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国鉄180形蒸気機関車」の関連用語

国鉄180形蒸気機関車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国鉄180形蒸気機関車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国鉄180形蒸気機関車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS