公益法人と法人税とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 公益法人関連用語 > 公益法人と法人税の意味・解説 

公益法人と法人税

公益法人等対す法人税課税は、次のようになっている

公益法人等収益事業を営む場合には、その収益事業所得についてのみ法人税が課される(法人税法第4条1項、7条)。
収益事業から非収益事業のために支出された金額寄付金とみなされ、収益事業所得20%(民法法人場合)ないし50%(学校法人等の場合)の範囲内損金の額に算入される(同法37条4項、同法施行令73条1項3号)。
一般営利法人に比し、22%と軽減税率適用される平成15年度現在。同法66条3項)。
清算所得には課税されない(同法92条)。
事業年度が6か月超える場合でも、一般営利法人のような、中間申告必要がない同法71条1項)。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

公益法人と法人税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



公益法人と法人税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
公益法人協会公益法人協会
Copyright (C) 2020 公益法人協会 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS