世界の果てとは? わかりやすく解説

世界の果て


世界の果て

作者ウラジーミル・ナボコフ

収載図書ロシア美人
出版社新潮社
刊行年月1994.7


世界の果て

作者辻仁成

収載図書目下の恋人
出版社光文社
刊行年月2002.1

収載図書目下の恋人
出版社光文社
刊行年月2005.7
シリーズ名光文社文庫


世界の果て

作者アガサ・クリスティー

収載図書謎のクィン氏
出版社早川書房
刊行年月2004.11
シリーズ名ハヤカワ文庫


世界の果て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 07:10 UTC 版)

世界の果て(せかいのはて)




「世界の果て」の続きの解説一覧

世界の果て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 07:39 UTC 版)

ジム・ボタンの冒険」の記事における「世界の果て」の解説

世界の頂後ろにある、とても大きな砂漠蜃気楼激しい。

※この「世界の果て」の解説は、「ジム・ボタンの冒険」の解説の一部です。
「世界の果て」を含む「ジム・ボタンの冒険」の記事については、「ジム・ボタンの冒険」の概要を参照ください。


世界の果て(せかいのはて)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 04:53 UTC 版)

少女革命ウテナ」の記事における「世界の果て(せかいのはて)」の解説

薔薇の花嫁を巡る決闘仕組んだ黒幕。その正体はかつて「王子様」だった者の成れの果て

※この「世界の果て(せかいのはて)」の解説は、「少女革命ウテナ」の解説の一部です。
「世界の果て(せかいのはて)」を含む「少女革命ウテナ」の記事については、「少女革命ウテナ」の概要を参照ください。


世界の果て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 08:23 UTC 版)

那由多の軌跡」の記事における「世界の果て」の解説

ナユタたちの住む世界では「世界には果てがある」と信じられている。果てに近い海域では太陽見えないほどの猛烈な嵐が吹き荒れていて、それ以上は船を進めることができない伝えられているこのため残され島住人たちを含めて人々多くは「世界平面である」「水平線曲がって見えるのは目の錯覚である」と信じているナユタ数少ない例外で「自分たちを取り巻世界球体ではないか」と考えており、友人からは変人扱いされている

※この「世界の果て」の解説は、「那由多の軌跡」の解説の一部です。
「世界の果て」を含む「那由多の軌跡」の記事については、「那由多の軌跡」の概要を参照ください。


世界の果て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 14:50 UTC 版)

未踏召喚://ブラッドサイン」の記事における「世界の果て」の解説

「被召物召喚必要な全ての条件箱の中閉じ込め、中を観測不可能な状態にして誰の手の届かない場所まで送り出す」といった方式。これは机上の空論ではあるものの、使用者の『殺意アンテナ』が理論不備に気付かずそういった状況が「誰にも観測不能」という条件後押ししたために実現されてしまった。

※この「世界の果て」の解説は、「未踏召喚://ブラッドサイン」の解説の一部です。
「世界の果て」を含む「未踏召喚://ブラッドサイン」の記事については、「未踏召喚://ブラッドサイン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「世界の果て」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「世界の果て」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

世界の果てのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界の果てのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界の果て (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジム・ボタンの冒険 (改訂履歴)、少女革命ウテナ (改訂履歴)、那由多の軌跡 (改訂履歴)、未踏召喚://ブラッドサイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS