ヘパリンカルシウムとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ヘパリンカルシウムの意味・解説 

ヘパリンカルシウム

ヘパリンカルシウム塩。主に抗血液凝固薬として用いられる。

一般的なヘパリンはヘパリンカルシウムに対して「ヘパリンナトリウム」と呼ばれることもある。ヘパリンナトリウムは体内でヘパリンカルシウムに変化する作用がある。

ヘパリンカルシウムを成分とする製品は、「ヘパリンカルシウム製剤」などと呼ばれる具体的な製品としては、沢井製薬販売する「カプロシン」などを挙げることができる。カプロシンとはヘパリン製剤商品名である。

関連サイト
カプロシン - 医薬品医療機器情報提供ホームページ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヘパリンカルシウム」の関連用語

ヘパリンカルシウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヘパリンカルシウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS