ニホンライチョウとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ニホンライチョウの意味・解説 

ニホンライチョウ


ライチョウ

(ニホンライチョウ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/30 06:20 UTC 版)

ライチョウ(雷鳥、Lagopus muta)は、キジ目キジ科ライチョウ属に分類される鳥類。


  1. ^ a b BirdLife International. 2016. Lagopus muta. (errata version published in 2017) The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22679464A113623562. doi:10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22679464A89358137.en. Downloaded on 28 September 2017.
  2. ^ a b Pheasants, partridges & francolins, Gill F & D Donsker (Eds). 2017. IOC World Bird List (v 7.3). doi:10.14344/IOC.ML.7.3 (Retrieved 28 September 2017)
  3. ^ a b c 日本鳥学会「ライチョウ」『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、1-2頁
  4. ^ a b c 12TH INTERNATIONAL GROUSE SYMPOSIUM(第12回国際ライチョウシンポジウム) (PDF)” (英語). The Conference Committee of the IGS2012. 2012年7月28日閲覧。
  5. ^ a b c d Lagopus mutus Montin, 1776” (英語). GSG. 2012年7月28日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ a b c 黒田長久・橋崎文隆 「ライチョウ亜科の分類」『世界の動物 分類と飼育10-I (キジ目)』黒田長久・森岡弘之監修、東京動物園協会、1987年、45-55頁。
  7. ^ a b 小林篤、中村浩志、【原著論文】ライチョウの群れ構成と標高移動の季節変化 日本鳥学会誌 2018年 67巻 1号 p.69-86, doi:10.3838/jjo.67.69
  8. ^ a b c d e f g ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、159頁
  9. ^ a b c ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、184-185頁
  10. ^ a b c ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、163頁
  11. ^ a b c 『ひと目でわかる野鳥』中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月、136頁。ISBN 978-4415305325
  12. ^ a b c 雷鳥が語りかけるもの (2006)、19-21頁
  13. ^ Rock Ptarmigan (Lagopus muta) (Montin, 1781)” (英語). バードライフ・インターナショナル. 2012年12月28日閲覧。
  14. ^ Lagopus muta (Montin, 1781)” (英語). ITIS. 2012年7月28日閲覧。
  15. ^ a b スバールバルライチョウ”. 富山市ファミリーパーク. 2012年7月28日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g 中村浩志 「ライチョウ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-2 鳥類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい、2014年、100-101頁。
  17. ^ 市川美織、ライチョウは「鳴き声がカエル」 至近距離で見ても逃げない性格に関心”. oricon. 2020年3月5日閲覧。
  18. ^ a b c d 中村浩志『日本動物大百科 鳥類II』日高敏隆(監修)、平凡社、1997年3月、10-11頁。ISBN 4582545548
  19. ^ 中央アルプス木曽駒ヶ岳のライチョウの生存確認について環境省 信越自然環境事務所(2018年12月05日)2019年1月24日閲覧。
  20. ^ 「ライチョウ 来年度ふ化試験/木曽駒ケ岳で生息確認/絶滅危惧種 野生復帰目指す」毎日新聞』朝刊2019年1月11日(総合・社会面)2019年1月24日閲覧。
  21. ^ 上馬康生、佐川貴久 (2011年). “白山におけるライチョウの生息可能数の推定と絶滅について (PDF)”. 石川県自然保護センター. 2012年7月28日閲覧。
  22. ^ a b ライチョウ 白山で70年ぶりに確認”. 石川県 (2010年9月28日). 2011年3月27日閲覧。
  23. ^ ライチョウ 白山で70年ぶりに確認(ライチョウのDNA分析結果とその後の観察について)”. 石川県 (2011年3月4日). 2012年7月28日閲覧。
  24. ^ 白山でのライチョウの再々確認(平成23年6月1日に確認されたライチョウ)”. 石川県. 2012年7月28日閲覧。
  25. ^ a b 羽田健三、「山岳地帯の環境破壊による鳥類の分布と生態の変化について : 特にライチョウを中心として」 日本生態学会誌 1974年 24巻 4号 p.261-264 , NAID 110001881510, doi:10.18960/seitai.24.4_261
  26. ^ ニホンライチョウの遺伝的多様性と分化 日本鳥類学会 (PDF)
  27. ^ 馬場芳之、藤巻裕蔵、吉井亮一 ほか、「ニホンライチョウ(Lagopus mutus japonicus)におけるミトコンドリアDNAコントロール領域の遺伝変異性」 日本鳥学会誌 2001年 50巻 2号 p.53-64,107, doi:10.3838/jjo.50.53
  28. ^ 小林真知、中村雅彦:本州中部の高山帯に生息するカラスの分布と個体数 山階鳥類学雑誌 Vol.38 (2006) No.1 P47-55, doi:10.3312/jyio.38.47
  29. ^ 雷鳥が語りかけるもの (2006)、153頁
  30. ^ a b c d e f g h i j 中村浩志:ライチョウLagopus mutus japonicus 日本鳥学会誌 2007年 56巻 2号 p.93-114, doi:10.2326/jjo.56.93
  31. ^ ニホンザル、ライチョウ捕食の瞬間 研究者が初めて確認 朝日新聞デジタル 記事:2015年8月31日、閲覧:2015年9月1日
  32. ^ 雷鳥が語りかけるもの (2006)、31頁
  33. ^ ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、161頁
  34. ^ a b 雷鳥が語りかけるもの (2006)、101-102頁
  35. ^ a b ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、162頁
  36. ^ a b c ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、157頁
  37. ^ ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、5頁
  38. ^ 雷鳥が語りかけるもの (2006)、104-105頁
  39. ^ a b ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、6-7頁
  40. ^ 1895年(明治28年)3月27日農商務省令第4号「狩猟法施行細則」
  41. ^ 1923年(大正12年)3月7日内務省告示第57号「史蹟名勝天然記念物保存ニ依リ指定」
  42. ^ a b 国指定文化財等データベース・ライチョウ”. 文化庁. 2012年7月27日閲覧。
  43. ^ 1955年(昭和30年)2月15日文化財保護委員会告示第20号「特別天然記念物春日山原始林等指定」
  44. ^ 1969年(昭和44年)3月26日農林省告示第357号「鳥獣保護区を設定した件」
  45. ^ 1972年(昭和47年)11月27日総理府令第71号「特殊鳥類の譲渡等の規制に関する法律施行規則」
  46. ^ 1984年(昭和59年)10月23日環境庁告示第64号「鳥獣保護区を設定する件」
  47. ^ 1992年(平成4年)6月5日法律第75号「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」
  48. ^ 1993年(平成5年)2月10日政令第17号「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令」
  49. ^ 1999年(平成11年)9月14日環境庁告示第43号「保護繁殖を特に図る必要がある鳥獣を定める件」
  50. ^ 2002年(平成14年)12月26日環境省令第28号「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則」
  51. ^ 「ライチョウ保護増殖事業計画の策定について」及び「国指定鳥獣保護区及び特別保護地区の指定について」に関する中央環境審議会答申について(お知らせ)”. 環境省 (2012年9月18日). 2012年12月28日閲覧。
  52. ^ ライチョウ(雷鳥)(3)”. 日本計量新報社. 2011年3月27日閲覧。
  53. ^ 1955年(昭和30年)2月15日文化財保護委員会告示第20号「特別天然記念物春日山原始林等指定」
  54. ^ 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。日本のレッドデータ検索システム(ライチョウ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年7月28日閲覧。[出典無効]
  55. ^ ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、7頁
  56. ^ ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、58頁
  57. ^ 佐藤良彦、太田俊明、平澤博一 ほか、肉芽腫病変を伴った日本ライチョウの緑膿菌感染症例 日本獣医師会雑誌 Vol.39 (1986) No.8 P.516-519, doi:10.12935/jvma1951.39.516
  58. ^ ニホンライチョウの公開展示について環境省 報道発表(2019年2月1日)2019年2月6日閲覧。
  59. ^ 「ライチョウ基金」について富山市ファミリーパーク(2018年2月2日閲覧)
  60. ^ 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。日本のレッドデータ検索システム(ライチョウ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年7月28日閲覧。[出典無効]
  61. ^ レッドデータブックにいがた (PDF)”. 新潟県. pp. 44 (2001年3月). 2012年7月28日閲覧。
  62. ^ 岐阜県レッドデータブック(ライチョウ)”. 岐阜県 (2009年8月). 2012年7月28日閲覧。
  63. ^ a b 雷鳥が語りかけるもの (2006)、173頁




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニホンライチョウ」の関連用語

ニホンライチョウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ニホンライチョウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのライチョウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS