ドライウォーターとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドライウォーターの意味・解説 

ドライウォーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/18 14:12 UTC 版)

ドライウォーター(Dry water)は、珍しい形態の「粉末化された液体」であり、砂粒くらいの小さな水滴が砂状のシリカコーティングで覆われた水-空気エマルションである[1]。ドライウォーターは実際には95%の液体の水からなるが、シリカコーティングが、水滴が結合し、まとまった量の液体に戻るのを防いでいる[2]。その結果、見かけは食卓塩に非常によく似た白い粉となる。また、研究者の間では「からっぽの水(empty water)」として知られている。




「ドライウォーター」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  ドライウォーターのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ドライウォーターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドライウォーターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドライウォーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS