こびり付くとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > こびり付くの意味・解説 

こびり‐つ・く【こびり付く】

[動カ五(四)

固くくっついて離れなくなる。「釜(かま)に御飯粒が—・いている

考え印象強く意識に残る。「頭に—・いて離れない

人がまつわりつく

小児(こども)が二人とも母様(かあさん)に—・いて」〈鏡花婦系図


こびり‐つ・く【━付】

〔自カ五(四)

① 物または記憶印象などが、かたくついてしまって離れなくなる。

滑稽本浮世床(1813‐23)二「丹の粕はこびりつくし」

暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉二「それは一時彼の頭にこびり着(ツ)いた妄想振落としたい気持からもあったが」

離れまいとして、まとわりつく固執してしがみつく

開化問答(1874‐75)〈小川為治〉初「世の中武士の飯を食ひはぐってはならぬと、扶持米にこびり付(ツイ)て居るものとは」

③ やわらかいものが、突っ張ったような感じになる。こわばる

瀬山の話1924)〈梶井基次郎〉「私の顔表情が固くこびりついてしまった」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「こびり付く」の関連用語

こびり付くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



こびり付くのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS