いこるとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 京ことば > いこるの意味・解説 

いこる

京ことば意味
いこる 炭が赤くなった状態

いこる

但馬方言共通語用例備考
いこる 炭、練炭豆炭などが完全燃焼している状態 炭がいこったで。はよバーベキュウーしよう。 通常、炭などの全体が火で赤くなった状態をさす。

いこる

大阪弁 訳語 解説
いこる おこる 熾る。火がついて燃えること。自動詞は「いこす」。火をいこす、いこらへん、火ぃいこった、など。


いこる

炭などが赤く燃える(炎が消えた安定燃焼状態)
(否:いこってけえへん
例「いこってきと」=「炭が燃えてきた」
※「行こう」の意の「いこら」と混同ないように。

いこる

方言意味
いこる 火が熾(おこ)る・火がおきる。そのなまりで,「おこす」という場合は,「いこす」といっている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「いこる」の関連用語

いこるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



いこるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
京ことば京ことば
Copyright (C) 2022 我流京都探訪 All rights reserved.
但馬方言のページ但馬方言のページ
Copyright (C) 2000-2022 TANIGUCHI Yutaka
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
和歌山弁Explorer和歌山弁Explorer
Copyright (C) 2022 和歌山弁Explorer All rights reserved.
高松市歴史資料館高松市歴史資料館
Copyright(C) 2022 高松市歴史資料館 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS