遠野あすか 遠野あすかの概要

遠野あすか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/13 05:19 UTC 版)

とおの あすか
遠野 あすか
本名 福井 玲子
生年月日 1978年11月28日(36歳)
出生地 千葉県我孫子市
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1998年 -
活動内容 1998年宝塚歌劇団入団
1999年宙組に配属
2001年花組に異動
2006年専科に異動
同年:星組トップ娘役就任
2009年:宝塚歌劇団退団、女優としての活動を開始。
公式サイト 東宝芸能の公式プロフィール
遠野あすかオフィシャルブログ
備考
宝塚歌劇団卒業生

愛称「あすか」「ふくいちゃん」[1]。身長162cm、血液型AB型

千葉県我孫子市出身。東宝芸能所属。

略歴

テレビで見た『ル・ポァゾン-愛の媚薬』で宝塚ファンとなり、2回目の受験で宝塚音楽学校に合格した。

1996年、宝塚音楽学校入学。84期生

1998年3月、宝塚歌劇団入団。宙組大劇場公演『エクスカリバー/シトラスの風』で初舞台。

1999年1月、宙組に配属。入団2年目で『CROSSROAD』に和央ようかの相手役として抜擢される。翌2000年には『砂漠の黒薔薇』で新人公演初ヒロインを果たす。また、同年の宝塚バウホール日本青年館公演『FREEDOM』では、後に『シンデレラ』や『アーネストインラブ』等で縁のある樹里咲穂の相手役を務めた。

2001年8月、花組に異動。春野寿美礼のトップ時代には2番手娘役として活躍。エトワールも何度も務めた。

2002年、『エリザベート』新人公演でエリザベート皇后役でヒロインを演じる。また本公演でエリザベート皇后役を演じた当時のトップ娘役・大鳥れいが2日間休演したため、代役を務めた。

2006年2月、専科に異動。『コパカバーナ』ではとうが立った大スターという役を演じる。またこのコンチータ役で星組では安蘭けいの、宙組では大和悠河の恋人役を演じた。

2006年11月、星組に異動し同年12月のシアター・ドラマシティ公演『ヘイズコード』より安蘭の相手役として星組トップ娘役に就任。大劇場お披露目公演は『さくら/シークレットハンター』。宙組出身者初のトップ娘役誕生でもあった。以来安蘭とのコンビで活動、『THE SCARLET PIMPERNEL』の日本初演ではマルグリット役を演じた。

2007年にはトップ娘役である彩乃かなみ月組トップ娘役)・同期の白羽(雪組トップ娘役)との3人の写真集『Mon Bijou』が発売された。

2009年、『My dear New Orleans-愛する我が街-/ア・ビヤント』東京宝塚劇場公演千秋楽で退団。相手役の安蘭と同時退団であった。

退団後は東宝芸能に所属し女優として舞台を中心に活動をしている。

2014年7月31日、年上の一般男性との結婚を自身のブログで公表した[2]

エピソード

芸名の由来は小学校時代に仲の良かった友人の名前から。

宝塚歌劇団の同期生に音月桂(元雪組トップスター)、未涼亜希北翔海莉桐生園加白羽ゆり(元雪組トップ娘役)、千琴ひめか(現・はいだしょうこ)など。




  1. ^ 阪急コミュニケーションズ発行『宝塚おとめ』2008年版より[要ページ番号]
  2. ^ 元宝塚・遠野あすか、一般男性と結婚(デイリースポーツ、2014年7月31日)、2014年8月1日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

遠野あすかに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「遠野あすか」の関連用語

遠野あすかのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

久保田昭人

杉山裕右

海堂るりこ

関口雅子

福元茜

山本緑

桂そうば

米谷美穂





遠野あすかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遠野あすか (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS