オット・オルソン オット・オルソンの概要

オット・オルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/25 06:44 UTC 版)

オット・オルソン
Otto Olsson
Otto Olsson.jpg
基本情報
出生 1879年12月19日
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
死没 1964年9月1日(満84歳没)
ジャンル ロマン派
職業 オルガニスト
作曲家
担当楽器 パイプオルガン

オルガンストックホルム音楽院で学んだ後、そこの和声法およびオルガン演奏の教授に就任した。対位法を背景とした、フランス・オルガン楽派に近しい作風を採り、後期ロマン派音楽の伝統を踏まえた作品を創った。古楽に興味を示して、グレゴリオ聖歌を《グレゴリオの旋律(Gregorianska melodier)》に用いた。当時としては珍しく、複調性を探求するなど進歩主義的な一面も見られた。多くのオルガン曲のほかに、器楽曲や合唱曲があり、最も有名な作品に、弦楽オーケストラとハープ、オルガンを伴奏とした合唱曲の大作《テ・デウム》がある。




「オット・オルソン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オット・オルソン」の関連用語

オット・オルソンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Nokia X2

瀬田川洗堰

バン型霊柩車

深浦康市

招待客のマナー

鳳翔竹

カンマストローク

タージマハル





オット・オルソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオット・オルソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS