VGAとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > AV機器用語 > VGAの意味・解説 

VGA/SVGA/XGA

米IBMによるパソコンディスプレイの解像度の規格。全て4対3での解像度を示している。VGAは480 ×640 、SVGAは600 ×800 、XGAは720 ×1024ドット。VGA〓SVGA〓XGAの順に画質が良くなる。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


VGA

Video Graphic

(執筆:オーディオビジュアル評論家 夏目利明)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


VGA

フルスペル:Video Graphics Array
読み方ブイジーエー

VGAとは、IBM社によって開発された、640×480ピクセル解像度画面表示を行うグラフィックスシステムの規格のことである。ここから派生して、ディスプレイ解像度のうち640×480ピクセル規格がVGAと呼ばれる。あるいはグラフィックカード一般を指す言葉としても用いられている。

IBMが提供していたVGAは、640×480解像度16色を表現するグラフィックス関連制御装置だった。IBMPS/2にVGAが初め搭載され、グラフィックスシステム用の標準規格として広く普及した。

その後、VGAは640×480解像度表示規格指して用いられるようになった解像度としてのVGAはディスプレイ大型化によってSVGAXGASXGAUXGAと広がって行き機器小型化などによってQVGAQQVGA縮小ていった

表示装置のほかの用語一覧
解像度:  4K2K  8K4K  UXGA  VGA  WUXGA  WXGA  WVGA

VGA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/21 12:52 UTC 版)

VGA


Video Graphics Array

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/08 13:50 UTC 版)

(VGA から転送)

Video Graphics Array(ビデオ グラフィックス アレイ、VGA)は、IBMEGAの後継として、1987年に発表した表示回路規格である。代表的な表示モードに 640×480 ピクセル・16色がある。転じて、640×480 ピクセルの画面解像度を俗に「VGA」と呼ぶようにもなった。

歴史

1987年にIBMのパーソナルコンピューターであるIBM PS/2に初めて搭載された。PS/2ではマザーボード上に搭載されていたが、その後、PC/AT用にATバス用VGAカードも発売された。

各社のPC/AT互換機でも、VGAおよびSVGA(VGA上位互換の表示回路規格の総称)が普及し、事実上の標準となった。

機能

CGAEGA完全上位互換(CGA/EGAの持つ画面モードを全て持つ)の上に、VGA専用の画面モードとして、以下の2つのグラフィックモードを持つ。

  • 640×480ピクセル 1677万7216色中16色
  • 320×200ピクセル 1677万7216色中256色

この640×480の縦横比は当時のテレビの縦横比に近く、マルチメディアを想定した設計と言われている。

影響

世界

当時のPC/ATおよびPC/AT互換機では、CADLotus 1-2-3などの表計算など、高解像度が必要とされる用途のために、IBM自身の8514/Aの他、EGAに独自の画面モードを追加した各種グラフィックチップや、EGAと共存できる高解像度グラフィックチップ(Herculesなど)が発売されていた。これらは独自の画面モード間の互換性は無く、それぞれ専用の(DOSまたはWindowsの)ドライバが必要だった。

VGAの登場により、VGA互換およびVGA上位互換のグラフィックチップ (SVGA) が普及し、VGAはPC/AT互換機での事実上の業界標準となった。

このため、各種のOSでもVGAを最小要件としたものが多い。また、表示関連の問題が発生した場合でもメーカーや機種を問わず表示できる共通画面モードのため、インストール時や非常用の画面で使われている。

PC/AT互換機用のWindowsをセーフモードやVGAモードで起動すると、VGAの640×480ピクセル 16色画面モードで表示が行われる。

しかしディスプレイの高精細化が進んだこともあり、Windows XP以上はSVGAにより表示される。パソコン用ディスプレイとしては最低1024×768ピクセル、いわゆるXGA相当の画面解像度が、最低ラインとして一般化した。PDAのような小型の端末にもVGAと同等の画素数を搭載する例が見られる。携帯電話端末ではSoftBank 904SHを皮切りとして、高級機種を中心に高精細な液晶ディスプレイが搭載されている。

日本

日本ではDOS/Vの登場まではPC/AT互換機自体が普及しておらず、VGAもDOS/Vと共に普及した。なお「DOS/V」の「V」は「VGA」から来ている。

日本語をグラフィック表示するDOS/Vや、日本語Windowsの標準機能では、VGAの640×480ピクセル 1677万7216色中16色の表示モードを利用している。

この際に「PC-9800シリーズなどの大半は640×400ピクセルだが、DOS/Vは640×480なので、DOS画面では行間が開き、Windows上でも画面が広い」という比較が盛んに行われた。また、日本では最初からVGAが普及したため、DOS/V登場以前よりAT互換機に触っていたユーザーを除けば、VGAが下位の各種の画面モードを持っている事は余り知られていない。

東芝のJ-3100・ダイナブックや、AX協議会の各社AXパソコン(JEGAボードを搭載)は、当初はEGAをベースに独自に日本語化していたが、後にVGAを採用し、更にPC/AT互換機に移行した。

一般化した誤用

転じて、画面解像度として640×480ピクセル表示のことをVGAと言うようになった。これは、誤用が一般化したものである。

例えば、日本電気 (NEC) のPC-9821シリーズ富士通FM TOWNSも、640×480ピクセルの解像度のモードを持っていたが、これらは別規格であり、「VGA」とは言わない。

また本来のVGAでは640×480画素での表示色数は16色のため、「640×480 256色」などは「VGA互換画面モード」と呼ぶのも正確ではなく、単に「VGAと同じ解像度」「VGA互換画素数表示」などと呼ぶのが妥当である。

また、「グラフィックスカード」一般を「VGAカード」と称するなど、コンピューターの画面出力=VGAという誤用も散見される。VGAカードと呼ぶ場合は、Video Graphics Accelerator(グラフィックアクセラレータ)と誤認しているものである。VGAは、あくまで特定の画面表示規格であり、複数の画面モードを持っている。

画像解像度としてのVGAの派生規格

VGA+(ブイジーエープラス)
690×480ドットで、アスペクト比は23:16。NECが開発。自社製携帯電話端末に採用している。
ワイドVGA(ワイドブイジーエー、WVGA)
800×480ドットで、アスペクト比は5:3。日立製作所、東芝、カシオ計算機シャープなどが自社製携帯電話端末に採用している。
ワイドVGA+(ワイドブイジーエープラス、WVGA+)
854×480ドットで、アスペクト比は16:9。VGA+と同じくNECが開発。NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープなどが自社製携帯電話端末に採用している。フルワイドVGAと長辺方向が10ドットしか違わないため、フルワイドVGAと記述されることがある。
フルワイドVGA(フルワイドブイジーエー、FWVGA)
864×480ドットで、アスペクト比は16.2:9。ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが開発。同社のほか、三菱電機、富士通が自社製携帯電話端末に採用している。
フルワイドVGA++(FWVGA++)
960×480ドット。アスペクト比は2:1。シャープのIS01SH-10B等に採用されている。

関連項目





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「VGA」の関連用語

VGAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




VGAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2014 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリVGAの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2014 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのVGA (改訂履歴)、Video Graphics Array (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS