生石灰とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 石灰 > 生石灰の意味・解説 

き せっかい -せきくわい [2] 【生石灰】

せいせっかい(生石灰)

せい せっかい -せきくわい [3] 【生石灰】



Lime

分子式CaO
その他の名称:Calcium oxide酸化カルシウムQuic lime、Lime、生石灰
体系名:カルシウムオキシド


生石灰(Lime)

生石灰
San Vito,Vlsuvio,Italy
CaO 標本の幅約1.5cm

珍しい天然の生石灰です。

酸化カルシウム

(生石灰 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/07 20:21 UTC 版)

酸化カルシウム(さんかカルシウム、Calcium oxide、quick lime)は化学式 CaO で表される化合物。慣用名として、 生石灰(せいせっかい[5][6])とも呼ばれる。生石灰は「しょうせっかい」とも読めるため、消石灰と区別するため「きせっかい[7]」と通称される場合がある。腐蝕性英語版のあるアルカリで、室温では結晶である。石灰という語はカルシウムを含む無機化合物の総称であり、石灰岩のようにケイ素マグネシウムアルミニウムなどよりカルシウムの炭酸塩酸化物水酸化物が多く含まれている岩石も指す。対照的に、生石灰は純粋な化合物のみを指す。




[ヘルプ]
  1. ^ a b Haynes, William M., ed (2011). 化学と物理のCRCハンドブック英語版 (92nd ed.). CRCプレス英語版. p. 4.55. ISBN 1439855110. 
  2. ^ Calciumoxid. GESTIS database
  3. ^ Committee on Water Treatment Chemicals, Food and Nutrition Board, Assembly of Life Sciences, National Research Council (1982). Water Chemicals Codex. p. 20. ISBN 0-309-07368-5. http://www.nap.edu/openbook.php?record_id=159&page=20. 
  4. ^ a b Zumdahl, Steven S. (2009). Chemical Principles 6th Ed.. Houghton Mifflin Company. p. A21. ISBN 0-618-94690-X. 
  5. ^ 岩波書店「広辞苑」第六版、2008年、p1546
  6. ^ 三省堂「新明解国語辞典」第三版、1981年、p626
  7. ^ 日本石灰協会・日本石灰工業組合[1]
  8. ^ Merck Index of chemicals and Drugs , 9th edition monograph 1650
  9. ^ Collie, Robert L. "Solar heating system" アメリカ合衆国特許第3,955,554号 issued May 11, 1976
  10. ^ Gray, Theodore (September 2007). “Limelight in the Limelight”. Popular Science: 84. http://www.popsci.com/node/9652. 
  11. ^ Neolithic man: The first lumberjack?. Phys.org (August 9, 2012). Retrieved on 2013-01-22.
  12. ^ Karkanas, Panagiotis; Stratouli, Georgia (2011). “Neolithic Lime Plastered Floors in Drakaina Cave, Kephalonia Island, Western Greece: Evidence of the Significance of the Site”. The Annual of the British School at Athens 103: 27. doi:10.1017/S006824540000006X. 
  13. ^ Connelly, Ashley Nicole (May 2012) Analysis and Interpretation of Neolithic Near Eastern Mortuary Rituals from a Community-Based Perspective. Baylor University Thesis, Texas
  14. ^ Kozu, Masato; et al (2008). “Calcium oxide as a solid base catalyst for transesterification of soybean oil and its application to biodiesel production”. Fuel (Elsevier) 87 (12). doi:10.1016/j.fuel.2007.10.019. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0016236107004589 2014年3月19日閲覧。. 
  15. ^ Zhu, Huaping; et al (2006). “Preparation of Biodiesel Catalyzed by Solid Super Base of Calcium Oxide and Its Refining Process”. Chinese Journal of Catalysis (Elsevier) 27 (5): 391-396. doi:10.1016/S1872-2067(06)60024-7. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1872206706600247 2014年3月19日閲覧。. 
  16. ^ デイヴィッド・ヒューム (1756). History of England. I. http://www.gutenberg.org/files/19212/19212-h/19212-h.htm#2H_4_0002. 
  17. ^ Croddy, Eric (2002). Chemical and biological warfare: a comprehensive survey for the concerned citizen. Springer. p. 128. ISBN 0-387-95076-1. http://books.google.com/?id=MQMGhInCvlgC&pg=PA128. 
  18. ^ Miller, M. Michael (2007). “Lime”. Minerals Yearbook. アメリカ地質調査所. p. 43.13. http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/commodity/lime/myb1-2007-lime.pdf. 
  19. ^ 化学工業統計月報 - 経済産業省
  20. ^ CaO MSDS. hazard.com


「酸化カルシウム」の続きの解説一覧





生石灰と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

生石灰に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「生石灰」の関連用語

生石灰のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

水晶

ヨウ化銀鉱

リチア輝石

蛍石

板チタン石

布賀石

満礬ざくろ石

尖晶石





生石灰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2017 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酸化カルシウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS