永田農法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 農法 > 永田農法の意味・解説 

永田農法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/27 00:41 UTC 版)

永田農法(ながたのうほう)とは、永田照喜治1926年 - )が創始した農法である。必要最小限の肥料で作物を育てることが特色であり、「断食農法」、「スパルタ農法」、「緑健農法」、「ルーツ農法」など様々な呼び名がある。代表的な例としては、衣料品店ユニクロなどを展開するファーストリテイリングの子会社エフアール・フーズがかつてこの農法による農作物を販売していた。


[ヘルプ]
  1. ^ 農業が日本を救う 財部誠一 PHP研究所 P86


「永田農法」の続きの解説一覧





永田農法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

永田農法に関連した本

永田農法に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「永田農法」の関連用語

永田農法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アミアオサ

4号戦車

SH006

ヤマガラ

ソフトボール

アグリジェント

吉田 洋逸

イーグル1





永田農法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの永田農法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS