循環型社会形成推進基本法とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > 日本の環境法 > 循環型社会形成推進基本法の意味・解説 

循環型社会形成推進基本法

循環型社会形成するための基本法で、2000年6月2日公布施行された。廃棄物リサイクル対策環境基本法の示す理念実現寄与することを狙っている。特徴としては、廃棄物等の処理方法にはじめて優先順位決められたこと、製品生産者リサイクル処分において一定の責任を負うことを求めたなどがある。また、政府が「循環型社会形成推進基本計画」を2003年10月1日までに策定すること、計画内容おおむね5年ごとに 見直すことなどを規定している。

循環型社会形成推進基本法

2000年6月公布施行
形成すべき「循環型社会」の姿を明確に提示 「循環型社会」とは
1.廃棄物等発生抑制
2.循環資源循環的な利用
3.適正な処分確保されることによって、天然資源消費抑制し、環境への負荷ができる限り低減される社会
4.法の対象となる廃棄物等のうち有用なものを「循環資源と定義」。
5.処理の優先順位法制化 (1)発生抑制 (2)再使用 (3)再生利用

循環型社会形成推進基本法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 01:18 UTC 版)

循環型社会形成推進基本法(じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう、The Basic Law for Establishing the Recycling-based Society [1]平成12年6月2日法律第110号)は、日本における循環型社会の形成を推進する基本的な枠組みとなる法律である。基本法が整備されたことにより、廃棄物リサイクル政策の基盤が確立された。






「循環型社会形成推進基本法」の続きの解説一覧





循環型社会形成推進基本法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「循環型社会形成推進基本法」の関連用語

循環型社会形成推進基本法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山毛欅

玉串奉奠の作法

ピンプラグ

docomo PRIME series P-04B

ポジションマーク

ハイフィン・ヘルメット・プラティ

8808号車

PSEマーク





循環型社会形成推進基本法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ISO用語辞典ISO用語辞典
2017 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの循環型社会形成推進基本法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS