大石内蔵助とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 大石内蔵助の意味・解説 

おおいしくらのすけ おほいし- 【大石内蔵助】 ○

大石良雄(よしお)

大石内蔵助

作者池波正太郎

収載図書池波正太郎短篇コレクション 5 坊主雨
出版社立風書房
刊行年月1992.5

収載図書完本 池波正太郎大成26時代小説短編
出版社講談社
刊行年月2000.8


大石内蔵助

作者柴田錬三郎

収載図書裏返し忠臣蔵
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2008.11
シリーズ名時代小説文庫


大石良雄

(大石内蔵助 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/17 15:49 UTC 版)

大石 良雄(おおいし よしお/よしたか)は、江戸時代前期の武士播磨国赤穂藩の筆頭家老赤穂事件で名を上げ、これを題材とした人形浄瑠璃・歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』で有名になった。




注釈

  1. ^ 天城3万2,000石を領する大名並みの陪臣。また実際には岡山藩池田家の本家筋に当たる。詳しくは池田氏岡山藩を参照のこと。
  2. ^ しかしこの二人は任を誤り、江戸家老・安井彦右衛門に手渡し、美濃大垣藩主・戸田氏定の手紙を持って帰ってきた。
  3. ^ 来迎院には、大石が吉良邸討ち入り成就を祈願したと伝えられる勝軍地蔵像が伝わる。また大石を偲び、毎年12月14日に茶会が行われている。
  4. ^ 妊娠中の妻りくと主税以外の子供たちは翌年元禄15年(1702年)4月に妻の実家の豊岡へ帰した。りくは7月に大三郎を出産。この子はのちに広島藩に仕えることになる。

出典

  1. ^ 来迎院 公式サイト
  2. ^ 川平敏文「室鳩巣『赤穂義人録』論-その微意と対外思想」井上泰至 編『近世日本の歴史叙述と対外意識』(勉誠出版、2016年) ISBN 978-4-585-22152-4


「大石良雄」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大石内蔵助」の関連用語

大石内蔵助のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series F-02B

三番叟透図鍔

ロアデルジェ

東山植物園の野鳥

Murciélago LP640

犬吠埼灯台

固定衛星通信

2000系





大石内蔵助のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大石良雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS