赤穂事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 赤穂事件の意味・解説 

赤穂事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/30 10:50 UTC 版)

赤穂事件(あこうじけん)は、18世紀初頭の江戸時代元禄期に起きた事件で、江戸城松之大廊下で、高家旗本吉良上野介(きらこうずけのすけ)に斬りつけたとして切腹に処せられた播磨赤穂藩藩主の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)に代わり、家臣の大石内蔵助以下47人が吉良を討ったものである。




[ヘルプ]
  1. ^ 宮澤(1999) p146
  2. ^ 『〈元禄赤穂事件と江戸時代〉スッキリ解決! 忠臣蔵のなぜと謎 (歴史群像デジタルアーカイブス)』(今井敏夫)、『考証 元禄赤穂事件―「忠臣蔵」の虚実』(PHPビジネスライブラリー 稲垣 史生)
  3. ^ 三田村(1930)松島(1964)今尾(1987)宮澤(1999)野口(1994)田口(1999)田原(2006)山本(2012a)渡辺(2013)、『元禄時代と赤穂事件』(大石学、角川選書)、『忠臣蔵の世界: 日本人の心情の源流』(諏訪春雄 大和書房)
  4. ^ 宮澤(2001) p28、p147-151
  5. ^ 例えば1888年の『江戸本所讐討 : 赤穂浪士吉良義英』 森仙吉編、東京屋 近代デジタルイブラリー
  6. ^ 宮澤(2001)山本(2013)
  7. ^ a b c d e f 山本(2012a) 第一章一節「梶川与惣兵衛の証言」
  8. ^ a b c d e 山本(2012a) 第二章二節「大石の真意」
  9. ^ a b c d e f g h i 山本(2012a) 第二章三節
  10. ^ a b c d 山本(2012a) 第四章二節
  11. ^ a b c d e f 山本(2012a) 第四章三節
  12. ^ a b c d 田口(1999) p181-182
  13. ^ a b c d 宮澤(1999) p146
  14. ^ 宮澤(1999) p215
  15. ^ 宮澤(1999) p225
  16. ^ a b c d e 山本(2012a) 第一章一節「運命の三月十四日」
  17. ^ a b c d e 山本(2012a) 第一章一節
  18. ^ 野口(1994) p56
  19. ^ 山本(2012b) 序章「基礎資料と事件の経過」
  20. ^ 『梶原氏筆記』。山本(2012a) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」より重引。現代語訳も同書から引用。
  21. ^ 山本(2012a) 第一章一節「梶川与惣兵衛の詳言」
  22. ^ 現在の東京都港区新橋4丁目
  23. ^ a b c 山本(2012a) 第一章二節「幕府の裁定」
  24. ^ 『一関藩家中長岡七郎兵衛記録』宮澤(1999) p44より重引。
  25. ^ 宮澤(1999) p36-38
  26. ^ 宮澤(1999) p40-41
  27. ^ a b c 山本(2012a) 第一章二節
  28. ^ a b c 宮澤(1999) p43-45
  29. ^ 山本(2012a) 第一章二節「幕府の裁定」より重引。現代語訳も同書から引用。
  30. ^ a b c d 山本(2012a) 第一章三節
  31. ^ a b 山本(2012a) 第一章二節「吉良の家系」
  32. ^ 宮澤(1999) p42
  33. ^ 宮澤(1999) p42
  34. ^ a b c 宮澤(1999) p47-49
  35. ^ 宮澤(1999) p56
  36. ^ 宮澤(1999) p48
  37. ^ a b c d e f g h 山本(2012a) 第二章一節
  38. ^ a b c 山本(2012a) 第二章一節「江戸屋敷と居城の明け渡し」
  39. ^ 山本(2012a) 第二章一節「藩札の処理」
  40. ^ a b 宮澤(1999) p53-54
  41. ^ 泉岳寺境内案内
  42. ^ a b 山本(2013) p28
  43. ^ a b c d e f g h i j 山本(2012a) 第二章二節
  44. ^ 山本(2012a) 第二章一節「吉良存命の報」
  45. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第一巻p74-76
  46. ^ a b c d e f 山本(2012a) 第二章四節
  47. ^ 谷口(2006) p44
  48. ^ a b 山本(2012a) 第二章五節
  49. ^ a b 宮澤(1999) p106
  50. ^ a b c 宮澤(1999) p92-83
  51. ^ 宮澤(1999) p87
  52. ^ a b c 山本(2012a)第一章2節「藩主個人との距離」
  53. ^ 山本(2012b) 第四章三節「急進派武士の意地」
  54. ^ 山本(2013) p50-51
  55. ^ a b 山本(2012a) 第三章一節
  56. ^ 山本(2012a) 第三章二節
  57. ^ a b c d 山本(2012b) 第二章3節「旧藩士の身の振り方」
  58. ^ a b c d e f g h 山本(2012a) 第三章三節
  59. ^ a b c 宮澤(1999) p94
  60. ^ a b 宮澤(1999) p97-99
  61. ^ a b c d e 山本(2012a) 第三章四節
  62. ^ a b 宮澤(1999) p100
  63. ^ 宮澤(1999) p108
  64. ^ a b c d 山本(2012a) 第三章四節「山科会議」
  65. ^ 宮澤(1999) p110-111
  66. ^ a b c 宮澤(1999) p116-117
  67. ^ a b 山本(2013) p84-86
  68. ^ a b 宮澤(1999) p112-113
  69. ^ 宮澤(1999) p114
  70. ^ a b 宮澤(1999) p148
  71. ^ a b c 宮澤(1999) p114-118
  72. ^ a b c 谷口(2006) p100
  73. ^ 宮澤(1999) p131
  74. ^ 山形(2014) p110-111
  75. ^ a b c d e 宮澤(1999) p134-136
  76. ^ a b c 山本(2012a) 第五章一節
  77. ^ a b 山本(2012b)第四章1節
  78. ^ a b c 山本(2013) p140-143
  79. ^ a b 山本(2012a) 第五章三節
  80. ^ a b c d e 山本(2012a) 第五章三節「南部坂の別れ」
  81. ^ a b c d e f g 山本(2012a) 第五章四節
  82. ^ 宮澤(1999) p157
  83. ^ 山本(2012a) 第五章四節「吉良邸茶会の情報」
  84. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 山本(2012a) 第五章二節「続出する脱盟者」
  85. ^ 山本(2014)p74-75
  86. ^ a b c 元禄(1999) p64
  87. ^ 山本(2012a) 第五章四節「揺れる討ち入り前の心」
  88. ^ a b c 山本(2012a)第六章一節
  89. ^ 宮澤(1999) p158
  90. ^ a b c 山本(2012a)第六章一節「結実のとき」
  91. ^ a b c 山本(2012a)第六章二節
  92. ^ a b c d 山本(2012a)第六章三節
  93. ^ 野口(1994) p146
  94. ^ 山本(2012b)第四章三節「計画通りの討ち入り」
  95. ^ a b 山本(2012a)第六章二節「吉良邸内の奥へと進む赤穂浪士たち」
  96. ^ 宮澤(1999) p159
  97. ^ 谷口(2006) p175
  98. ^ a b c 山本(2012a)第六章三節「誰が吉良の首を揚げたのか」
  99. ^ 宮澤(1999) p161-162
  100. ^ a b 山本(2013) p166-167
  101. ^ 渡辺(1998) p.207
  102. ^ a b 山本(2013) p174-177
  103. ^ a b c d e 山本(2013) p186-188
  104. ^ a b c d 山本(2013) 188-192
  105. ^ 山本(2012a) 第七章二節「大石内蔵助の最後」
  106. ^ 泉(1998) p.119
  107. ^ 泉(1998) p.120
  108. ^ 赤穂市忠臣蔵 p293
  109. ^ a b 花岳寺「赤穂義士の墓」
  110. ^ 山本(2014) p171
  111. ^ a b c d 山本(2013) p194-196
  112. ^ 山本(2012a) 第七章三節「吉良左兵衛の処分」
  113. ^ a b c 山本(2013) p197
  114. ^ 山本(2013) p202
  115. ^ 泉(1998) p.278
  116. ^ a b 山本(2012a) 第七章三節
  117. ^ 泉(1998) p.122/279
  118. ^ 宮澤(1999) p209
  119. ^ 宮澤(1999) p225
  120. ^ 宮澤(1999) p215
  121. ^ a b c d e f g h i j k l m n 宮澤(1999) p214-229
  122. ^ a b c d 赤穂市忠臣蔵 第一巻p347-349
  123. ^ 宮澤(1999) p172
  124. ^ 宮澤(1999) p5
  125. ^ ドナルド・キーン『日本文学史近世編二』中公文庫。p218
  126. ^ 宮澤(2001) p236
  127. ^ 佐藤(2003)
  128. ^ 佐藤(2003)
  129. ^ 山本(2012a) 第七章四節「自己犠牲の精神」
  130. ^ 山本(2012a) 第七章四節「赤穂浪士は義士か」より重引。
  131. ^ 稲田(2014) p13
  132. ^ 谷川( 2013) p282
  133. ^ 谷川( 2013) p389-390
  134. ^ a b c d e f 谷口(2006) p164-171
  135. ^ a b c 山本(2012b) 第一章3節「新参者と元藩士」
  136. ^ 山本(2012b) 第一章3節「討ち入り参加者の特徴」
  137. ^ a b c 佐々木(1983) p203-206
  138. ^ a b 佐々木(1983) p318-322
  139. ^ a b 佐々木(1983) p259-262
  140. ^ a b 山本(2012a) 第六章三節「寺坂吉右衛門の行方」
  141. ^ a b 佐々木(1983) p294-301
  142. ^ a b 佐々木(1983) p290-293
  143. ^ a b c 佐々木(1983) p287-288
  144. ^ a b 宮澤(1999) p159
  145. ^ a b c 佐々木(1983) p313-314
  146. ^ 谷口(2006) p142
  147. ^ a b 山本(2012b) 第三章2節「安兵衛の焦り」
  148. ^ a b c d e f g 谷口(2006) p108-117
  149. ^ a b c 谷口(2006) p134-135
  150. ^ 野口(1994) p85
  151. ^ a b c d e 宮澤(1999) p72
  152. ^ <佐々木(1983) p360
  153. ^ a b c 谷口(2006) p159
  154. ^ 谷口(2006) p167
  155. ^ a b c d e f g 山本(2012b)第二章3節「再仕官の悲劇と裏切り」
  156. ^ 佐々木(1983) p400
  157. ^ 山本(2012a)第三章四節「高田郡兵衛の脱盟」
  158. ^ a b c d 田口(1998) 第三章2節「大石ファミリー」
  159. ^ 宮澤(1999) p105
  160. ^ 田口(1998) 第三章2節「妻たちの苦悩」
  161. ^ a b 田口(1998) 第五章1節「女でしくじった男の話」
  162. ^ a b 佐々木(1983) p418
  163. ^ a b 田口(1998) 第五章2節「 心乱るる庄左衛門」
  164. ^ a b c d 『忠臣蔵-その成立と展開-』松島栄一著 岩波新書 p109
  165. ^ 佐々木(1983) p365
  166. ^ 谷口(2006) p123
  167. ^ 谷口(2006) p124
  168. ^ 谷口(2006) p126
  169. ^ 谷口(2006) p131
  170. ^ a b c d 佐々木(1983) p398
  171. ^ 赤穂義士史料上(1931) p263
  172. ^ a b 野口(1994) p140
  173. ^ a b 山本(2012a) 第一章二節「吉良の家系」
  174. ^ 山本(2013) p67
  175. ^ a b 山本(2013) p159
  176. ^ a b 山本(2013) p193-196
  177. ^ a b 佐々木杜太郎、赤穂義士顕彰会 『赤穂義士事典―大石神社蔵』 新人物往来社、1983年(昭和58年)。p385-386
  178. ^ a b c d e 佐々木(1983) p439
  179. ^ a b c d e f 佐々木杜太郎、赤穂義士顕彰会 『赤穂義士事典―大石神社蔵』 新人物往来社、1983年(昭和58年)。 p390-391
  180. ^ 『山本博文 『これが本当の「忠臣蔵」赤穂浪士討ち入り事件の真相』 小学館101新書、2012年(平成24年)。ISBN 978-4098251346。 第六章三節「吉良側の人的損害」
  181. ^ 『忠臣いろは実記』文化デジタルライブラリー
  182. ^ 『四十七石忠箭計』近代デジタルライブラリー
  183. ^ a b c 宮澤(1999) p49
  184. ^ a b 谷口(2006) p30
  185. ^ 山本(2013) p18
  186. ^ a b c d e f g h i j 山本(2013) p14-16
  187. ^ a b c d 野口(1994) p55
  188. ^ a b c d e f g 山本(2013) p21-25
  189. ^ 山本(2012b) 序章「基礎史料と事件の経過」
  190. ^ a b c d e f 野口(1994) p15
  191. ^ a b 谷口(2006) p20-21
  192. ^ a b c 谷口(2006) p20-21
  193. ^ a b 谷口(2006) p31-32
  194. ^ a b c d e f g h i j 宮澤(1999) p26-33
  195. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 佐々木(1983) p26-42
  196. ^ 野口(1994)p22
  197. ^ 『元禄江戸人のカルテ』。野口(1994)p22より重引
  198. ^ a b c d 今尾(1987)、p91。中島陽一郎の『病気日本史』の記述は同書からの重引。
  199. ^ a b 山本(2012a)第一章三節「内匠頭の評判」
  200. ^ a b c 赤穂市忠臣蔵 第一巻p26-27
  201. ^ a b c d e f g h i 赤穂市忠臣蔵 第一巻p25-26
  202. ^ 『<元禄赤穂事件と江戸時代>スッキリ解決! 忠臣蔵のなぜと謎 (歴史群像デジタルアーカイブス)』今井敏夫 「浅野と吉良の間に塩問題は存在したか?」
  203. ^ a b 元禄(1999)p91
  204. ^ 『忠臣蔵の世界: 日本人の心情の源流』 諏訪春雄 大和書房, 1982年。p69
  205. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  206. ^ a b c d e f g h i j k 赤穂市忠臣蔵第一巻 p215-219
  207. ^ a b c 赤穂市忠臣蔵第一巻 p228-229
  208. ^ a b c d e f g h i j k l m n 佐々木(1983) p259-262
  209. ^ a b c d e f g h i 宮澤(1999) p168-172
  210. ^ 赤穂市忠臣蔵第一巻 p219-220
  211. ^ a b c 山本(2012a)第六章三節「寺坂吉右衛門の行方」
  212. ^ a b c 野口(1994) p197-200
  213. ^ a b 松島(1964) p118
  214. ^ a b c d e f g h 赤穂市忠臣蔵 p220-223
  215. ^ 山本(2013) p171
  216. ^ a b 赤穂市忠臣蔵第一巻 p224-229
  217. ^ 山本(2012b) 第一章3節「むしろ多い下級家臣の参加」
  218. ^ 谷口(2006) p20
  219. ^ a b c d e f 宮澤(1999) p23-24
  220. ^ a b c 宮澤(1999) p67-69
  221. ^ a b 宮澤(1999) p102
  222. ^ a b 宮澤(1999) p181-182
  223. ^ a b 渡辺(1998) p.206-207
  224. ^ a b c 宮澤(1999) p188
  225. ^ a b 山本(2013) p184-185
  226. ^ a b 宮澤(1999) p194-195
  227. ^ a b c 赤穂市忠臣蔵 第一巻p269-279
  228. ^ a b c d e f g h 宮澤(1999) p198-199
  229. ^ a b 宮澤(1999) p90
  230. ^ 宮澤(1999) p160
  231. ^ 尾崎(1974) p65
  232. ^ 尾崎(1974) p69
  233. ^ 『<元禄赤穂事件と江戸時代>スッキリ解決! 忠臣蔵のなぜと謎 (歴史群像デジタルアーカイブス)』(今井敏夫)
  234. ^ a b 田口(1998)第三章3節「大石内蔵助の娘」
  235. ^ 高家の装束が直垂であることは、神坂次郎著『おかしな大名たち』所収の大沢基寿の史談会での談話に明らかである
  236. ^ 斎藤(1975) p.804
  237. ^ 斎藤(1975) p.805-87
  238. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 野口(1994)p35-45
  239. ^ 近代デジタルライブラリ元禄快挙四十七士
  240. ^ コトバンクデジタル版 日本人名大辞典+Plus脇坂安照
  241. ^ a b c 野口(1994) p75
  242. ^ 講談名作文庫(1976)
  243. ^ 忠臣蔵新聞「ダイジェスト忠臣蔵(第12巻)」
  244. ^ 国際日本文化研究センターデータベース『近世畸人伝(正・続)』「大石氏僕」
  245. ^ 国際日本文化研究センターデータベース『近世畸人伝(正・続)』「大石氏僕」
  246. ^ 国際日本文化研究センターデータベース『近世畸人伝(正・続)』「寺井玄渓 」
  247. ^ 国際日本文化研究センターデータベース『近世畸人伝(正・続)』「小野寺秀和妻」
  248. ^ 八坂神社祇園商店街振興組合一力亭
  249. ^ a b 講談名作文庫(1976)
  250. ^ 田口(1998)、第四章2山科妻子の別れ
  251. ^ a b c d e 宮澤(1999) p118-119
  252. ^ a b c d e 山本(2012a) 第四章一節「祇園遊びの真意」
  253. ^ a b 佐々木(1983) p191
  254. ^ a b 野口(1994)p124
  255. ^ a b 宮澤(1999) p120-121
  256. ^ 今尾(1987)、p199
  257. ^ a b c 山本(2013) p131
  258. ^ 山本(2012a) 第五章二節「大石の残す子への思い」
  259. ^ a b c d e 佐々木(1983) p433
  260. ^ a b 宮澤(2001) p29
  261. ^ コトバンクデジタル版 日本人名大辞典+Plus『林鶴梁』
  262. ^ a b 宮澤(1999) p58-60
  263. ^ 山本(2012a) 第五章二節
  264. ^ a b c 谷川(2013)p280、283、379
  265. ^ 宮澤(2001) p47。関根(1924)149コマ目
  266. ^ コトバンク 新撰 芸能人物事典 『伊東燕尾』
  267. ^ a b c 箱根町観光情報ポータルサイト「箱根旧街道休憩所」
  268. ^ a b c d 講談名作文庫(1976)
  269. ^ 尾崎(1974) p249-252
  270. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  271. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻 p876-883
  272. ^ a b c 田口(1998)第二章2節「いないはずの女たち」
  273. ^ a b c d 田口(1998)第二章3節「それぞれの母」
  274. ^ 『正史実伝いろは文庫』第十四回。忠臣蔵文庫(1912)
  275. ^ 佐々木(1983)。p756
  276. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻p640
  277. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  278. ^ a b 田口(1998)第二章2節「絵図面をめぐる恋の話」
  279. ^ 山本(2013) p147
  280. ^ a b 山本(2012a) 第五章二節「赤穂浪人の潜伏先」
  281. ^ 内侍所 112コマ目から
  282. ^ 赤穂義士伝一夕話 七之巻二十九頁
  283. ^ 忠臣蔵文庫(1912) p15-
  284. ^ コトバンク『忠臣蔵物』
  285. ^ 赤穂市忠臣蔵 第4巻p337
  286. ^ a b 佐々木(1983) p336
  287. ^ コトバンクデジタル版 日本人名大辞典+Plus『天野屋利兵衛』
  288. ^ 松島(1964) p174
  289. ^ a b 江崎(1940) p14 -
  290. ^ 佐々木(1983)
  291. ^ 『江戸歌舞伎の残照』吉田弥生著 文芸社 p165
  292. ^ a b c 佐々木(1983) p175
  293. ^ a b 佐々木(1983) p405
  294. ^ 両国の俵星玄蕃道場跡の看板
  295. ^ 立命館大学『忠臣蔵と見立て』誠忠大星一代話
  296. ^ a b 山本(2012b) 第四章2節「討ち入り直前の飛脚」
  297. ^ 宮澤(1999)
  298. ^ 『赤穂義人纂書. 第2 巻之9−18』 国書刊行会 p432
  299. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  300. ^ データ百科シリーズ『元禄忠臣蔵データファイル』、元禄忠臣蔵の会編、人物往来社 p238。近代デジタルライブラリ『文芸叢書. 忠臣蔵文庫 』 四十七石忠箭計 四幕目(404コマから)の葉泉院第舎の場
  301. ^ コトバンク世界大百科事典「南部坂雪の別れ」
  302. ^ a b 南部坂雪の別れ 図書 桃中軒雲右衛門 講演 (東京明倫社(ほか), 1912年)近代デジタルライブラリの該当箇所
  303. ^ a b 大石内蔵助東下り : 武士道精華 雪花山人著 (立川文明堂, 1912年)。近代デジタルライブラリの該当箇所
  304. ^ a b c d e f g 谷川(2013)「瑤泉院に見られる字自立する女性のイメージ」 p369 - p376
  305. ^ 谷川(2013)ではその例として忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻(1959年)と赤穂浪士(1961年)を挙げている
  306. ^ 1958年大映版の忠臣蔵谷川(2013)より。
  307. ^ 真山(1982) p59
  308. ^ すみだあれこれ/討ち入り蕎麦
  309. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  310. ^ a b c 近代デジタルライブラリ『義士伝』泉岳寺書上。p450に楠屋の件が載っており、p466に浅野内匠頭の亡霊が登場する。p455には太鼓を打ち鳴らしたとある。
  311. ^ a b 三田村(1930)p256 -
  312. ^ 今尾(1987) p49
  313. ^ a b 赤穂義士史料下(1931) p4, p513
  314. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  315. ^ a b 山本(2012b)第四章3節「計画通りの討ち入り」
  316. ^ 赤穂義士史料上(1931)p268(本書では寺坂信行筆記のうち寺坂私記と共通する部分は省かれているため、寺坂私記の方に当該文書が載っている)
  317. ^ a b c 元禄(1999)p118
  318. ^ こよみのページ「暦のこぼれ話」赤穂義士祭
  319. ^ 講談名作文庫(1976)。「神崎与五郎かながきの詫び証文」
  320. ^ a b c d e f g 宮澤(1999) p163-166
  321. ^ 『歴史群像デジタルアーカイブス<元禄赤穂事件と江戸時代>討ち入りは愚策? 山鹿流兵法と忠臣蔵』大山格
  322. ^ 『山鹿素行兵法学の史的研究』(P171-174、P260-272)
  323. ^ 『「兵法者の生活」第六章.幕末兵法武道家の生涯 三.窪田清音の業績』(P221-229)
  324. ^ 『山鹿素行兵法学の史的研究』(P173)
  325. ^ 『山鹿素行兵法学の史的研究』(P171-174、P260-272)
  326. ^ 『「兵法者の生活」第六章.幕末兵法武道家の生涯 三.窪田清音の業績』(P221-229)
  327. ^ a b c d e f g h i 宮澤(1999) p166-168
  328. ^ a b c d e f 山本(2012a)第六章四節「上杉家の対応」
  329. ^ a b 宮澤(1999) p185-186
  330. ^ 佐々木杜太郎『吉良上野介の正体』。宮澤(1999) p184から重引
  331. ^ 宮澤(1999) p177
  332. ^ a b 『忠臣蔵四十七義士全名鑑 完全版』 中央義士会 p324-325
  333. ^ 佐々木(1983) p342
  334. ^ 宮澤(1999) p177
  335. ^ 真山(1982)
  336. ^ a b c 佐々木(1983) p177-178
  337. ^ CiNii『 赤穂義士傳一夕話』
  338. ^ 近代デジタルライブラリ『赤穂義士伝一夕話』四巻53ページ
  339. ^ 山本(2013) p189
  340. ^ a b c 田口(1998)第三章3『祇園可音物語』
  341. ^ a b c 今尾(1987)、p108-119
  342. ^ a b 『歴史群像デジタルアーカイブス<元禄赤穂事件-忠臣蔵外伝>なぜ大多数の赤穂藩浪士は仇討ちに参加しなかったのか』桐野作人
  343. ^ a b 谷口(2006) p179-180
  344. ^ 元禄(1999)p113
  345. ^ a b 山本(2012a)第四章三「脱盟者の思い」
  346. ^ 近代デジタルライブラリ『正史実伝いろは文庫』 p103, 177, 401を参照。
  347. ^ 今尾(1987)、p97
  348. ^ 近代デジタルライブラリー『赤穂義士伝一夕話』巻之六 三十八ページ
  349. ^ 定本講談名作全集(1971) p308
  350. ^ 山本(2013) p127
  351. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻 p345-349
  352. ^ 定本講談名作全集(1971) 「お薬献上」p308-312
  353. ^ 定本講談名作全集(1971) 「山鹿送り」p312-325
  354. ^ 定本講談名作全集(1971) 「向島の花見」p325-331
  355. ^ 定本講談名作全集(1971) p331-337
  356. ^ 講談名作文庫「名代の粗忽者」
  357. ^ 定本講談名作全集(1971) 「粗忽の権化」、「首のない馬」p379-386
  358. ^ 定本講談名作全集(1971) 「安兵衛の生立、良薬の由来」、「図らず知る孫の孝行」、「妻の貞節、懺悔の自殺」
  359. ^ 定本講談名作全集(1971) 「義母の仇討ち」p408-411
  360. ^ >定本講談名作全集(1971) 「高田馬場へ一ッ飛び」、「十八人切り、記念の五合枡」、「仇討の物語」・、「安兵衛の身元」、「入聟の相談」、「酔うても本心狂わず」p411-434
  361. ^ >定本講談名作全集(1971) 「意外の惨事」、「名主へ相談」、「情けも籠る奉行の裁断」p435-446
  362. ^ 定本講談名作全集(1971) 「雪ぐ師の恥」、「使者の供」、「槍術の妙」p464-471
  363. ^ 定本講談名作全集(1971) 「乞食の姉弟」p472-478
  364. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  365. ^ 定本講談名作全集(1971) 「放蕩指南」「伯母の執拗」、「万事休す」p479-490
  366. ^ 定本講談名作全集(1971) 「嫉妬のほむら」「孝子の袖乞い」、「親子の再会、「妻子の一心、一番槍の功名」p491-505
  367. ^ 定本講談名作全集(1971) 「伊勢屋の家宝」 p521-531
  368. ^ 講談全集(1929) 「父の訃音」、「重なる不幸」、「一夜に討つ君父の仇」 p581-599
  369. ^ 定本講談名作全集(1971) 「同志の憤激」、「老人の屈死」 p532-538
  370. ^ 定本講談名作全集(1971) 「変名の再生」、「主家に擬する芝居」、「同志の落涙」 p568-576
  371. ^ 定本講談名作全集(1971) 「女武芸者」、「嫁入りの条件」、「正宗の刀が加増の種」 p611-621
  372. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  373. ^ 定本講談名作全集(1971) 「情けの勘当」、「報恩の身売り」、「情けが仇、事理明白」 p627-646
  374. ^ 関根(1924) p72
  375. ^ Google Books『窓のすさみ』 p200
  376. ^ 定本講談名作全集(1971) 「忠僕直助」 p678-708
  377. ^ 講談全集(1929) p1094
  378. ^ 今井敏夫 『<元禄赤穂事件と江戸時代>スッキリ解決! 忠臣蔵のなぜと謎』「吉良側に剣客はいなかったのか?」
  379. ^ 講談全集(1929) 「腕試し、父の仇討」、「怪物退治、上杉家召抱」p1094-1113
  380. ^ 講談全集(1929) p1114-1142
  381. ^ a b c d e 立命館大学デジタル展示『忠臣蔵と見立て』仮名手本忠臣蔵成立史
  382. ^ a b c d e f g h i j k l m n 松島(1964) p132-142
  383. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻p302-303
  384. ^ a b c 松島(1964) p147-148
  385. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻p305-306
  386. ^ 今尾(1987)、p199
  387. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 松島(1964) p180-189
  388. ^ a b c 赤穂市忠臣蔵 第四巻p318
  389. ^ a b c 松島(1964) p199-200
  390. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻p640
  391. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻p654
  392. ^ 松島(1964) p200
  393. ^ a b c d 松島(1964) p201
  394. ^ 松島(1964) p161
  395. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻p661
  396. ^ a b 元禄(1999) p238
  397. ^ a b c d 宮澤(2001) p33-35
  398. ^ 吉田(2004) p136-137, p160
  399. ^ 赤穂市忠臣蔵第四巻 p678
  400. ^ 赤穂市忠臣蔵第四巻 p663
  401. ^ a b c 元禄(1999) p240
  402. ^ a b 宮澤(2001) p129-130
  403. ^ 歌舞伎公演データベース『仮名手本忠臣蔵』
  404. ^ 歌舞伎公演データベース『元禄忠臣蔵』
  405. ^ a b 宮澤(1999) p234
  406. ^ 歌舞伎公演データベース『瑤泉院』
  407. ^ 歌舞伎公演データベース『続・瑶泉院』
  408. ^ 歌舞伎公演データベース『四谷怪談忠臣蔵』
  409. ^ 歌舞伎美人『通し狂言四谷怪談忠臣蔵』
  410. ^ a b c 宮澤(2001) p11-12。
  411. ^ 宮澤(2001) p11-12。関根黙庵『講談落語今昔譚』(雄山閣)を重引。関根(1924) 46コマ目
  412. ^ a b 宮澤(2001) p46-47
  413. ^ a b 宮澤(2001) p73-74
  414. ^ a b 宮澤(2001) p110-113
  415. ^ a b c d e f 松島(1964) p203-208
  416. ^ a b c d e f g h i j k 宮澤(2001) p20-21
  417. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  418. ^ 谷口(2006) p187
  419. ^ 宮澤(2001) p22
  420. ^ a b c 谷口(2006) p186-188
  421. ^ a b c d e f g h i j 松島(1964) p210-215
  422. ^ 青空文庫『学問のすすめ』
  423. ^ 宮澤(1999) p6-7
  424. ^ a b c 宮澤(2001) p15
  425. ^ a b 宮澤(2001) p82
  426. ^ 松島(1964) p217
  427. ^ 広瀬玲子 『国粋主義者の国際認識と国家構想─福本日南を中心として─』 芙蓉書房出版、2004年 ISBN 4829503394
  428. ^ a b c d e 宮澤(2001) p82-84
  429. ^ 御園京平『映画・忠臣蔵』。谷川(2013) p294から重引。
  430. ^ 宮澤(2001) p109
  431. ^ 宮澤(2001) p113-116
  432. ^ a b 宮澤(2001) p15
  433. ^ a b 宮澤(2001) p144-146
  434. ^ 宮澤(2001) p147-153
  435. ^ a b 宮澤(2001) p167-168
  436. ^ 宮澤(2001) p175-176
  437. ^ a b 宮澤(2001) p15-16
  438. ^ 宮澤(2001) p181-186
  439. ^ 宮澤(2001) p187-190
  440. ^ a b 宮澤(2001) p200-202
  441. ^ a b 宮澤(2001) p216-217
  442. ^ 宮澤(2001) p220-221
  443. ^ 宮澤(1999) p228
  444. ^ 谷川(2013) p290
  445. ^ a b 谷川(2013) p292
  446. ^ 谷川(2013) p22
  447. ^ 谷川(2013) p309
  448. ^ 佐藤(2003) p153-154
  449. ^ a b c d 谷川(2013) p306-311
  450. ^ a b c 宮澤(1999) p230-231
  451. ^ 谷川(2013) p331
  452. ^ 谷川(2013) p315
  453. ^ a b c 宮澤(1999) p240-244
  454. ^ 元禄(1999) p216-217
  455. ^ 竹田真砂子 浄瑠璃坂の討入り - 忠臣蔵への道 -(1999/3) ISBN9784087811698 (4087811697)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤穂事件」の関連用語

赤穂事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

リクライニングアジャスター

スプリッラ サラアミカ

ノギス

イセⅢ型

停車可

1/2tトラック

ジャンボシンク

二層同時舗設式アスファルトフィニッシャ





赤穂事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤穂事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS