名尾和紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 全国和紙産地 > 名尾和紙の意味・解説 

名尾和紙(なおわし)

所在地 佐賀県佐賀郡大和町名尾
【主製品】 障子紙提灯紙・はがき・封筒セット色紙名刺
名尾和紙 名尾障子紙の名は古くから知られていますが、その由来をたどれば、元禄年間(1688~1704)納富由助翁が筑後溝口行き、僧日源のもとで漉いてつく製紙法を 5ヵ年の歳月をかけて習得し、名尾に製紙業広めたのが始まりです。

明治になって初代県知事鎌田景弼氏の奨励で名尾製紙組合設けられ、また明治33年には当地の川浪正隆氏は自費先進地を視察して、名尾製紙養成所設置して器具改良技術の向上に当たり、その振興につとめたので、名尾紙品質生産力九州製紙界にその名を知られるようになり、創業以来今日まで絶えることなく受け継がれてきました。

地元産の原料を主にしているため、農家生産量毎年減り続けているのに頭を痛めていますが、その分、自宅での栽培を増やしています。 名刺、はがきはもちろんのこといろいろな物を漉き込んで、ほかにはないユニークな和紙を漉いています。 張りが強いため提灯紙としての使用多く自信を持って強いと言える紙です。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「名尾和紙」の関連用語

1
4% |||||

2
2% |||||

名尾和紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

近江和紙

十文字和紙

石州和紙

山中和紙

横野和紙

遠野和紙

ちくさ雁皮紙

加賀二俣和紙





名尾和紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2016 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS